FC2ブログ
space彩
02 « 2019 / 03 » 04
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2019/03/10 Sun  19:32:10» E d i t
 » 高尾梅郷 

今年は昨日からの梅まつりにドンピシャな開花具合。
途中から曇ってしまったけど、風もなく暖かくて絶好のお散歩日和で気持ち良かった。
のんびりたくさん歩いて、お腹を空かしてのお昼はいつもの蕎麦屋で。
蕎麦も八王子産野菜の天ぷらもとっても美味しくて、そこら辺にあるものをテキトーに食べてぐだぐだと完全に引き籠ったしょうもない昨日の分も取り返した気分だ。
よかった。

20190310_03.jpg

20190310_02.jpg

20190310_04.jpg

2019/03/09 Sat  12:23:32» E d i t

にゃんにゃんにゃん(2/22)の日の結果。昨日外注分の結果を貰ったので。
肝臓系の値上昇で、お腹の調子は落ち着いているからと薬チェンジとなる。
見かけ上はよく食べるし遊ぶし、血糖値の方もそこそこコントロール出来ていて安定している感じなのだけどなぁ。
その後の2週間も特に変化なし。

他に特筆すべきはBUNが下がっていたこと。
上がるよりはいいけど、クレアチニンといいBUNといい何故ここへ来て大幅に下がっているのかが気になる。
あと外注検査のリパーゼの正常範囲の値が、検査方法は変わらずで上限38IU/lだったのが30に狭まったとのこと。
なので、今回は背景色付き。

2019/03/03 Sun  21:21:15» E d i t
 » 初節句 

次男宅で初節句の食事会。
お嫁ちゃんが頑張って色々用意してくれて、お嫁ちゃんのご両親と一緒に美味しく楽しく頂きました。
ぶくぷくNちゃん、表情豊かで益々可愛い。
次男の赤ちゃんの時に似て来たみたい。
でもママにも似てる。
20190303_01.jpg

20190303_03.jpg
来年は長男宅と合同で雛祭りが出来るといいな。
4歳+1歳が2人の女の子たち。
可愛いだろうなぁ。
想像しただけで幸せな気持ちになる。

2019/02/24 Sun  22:07:22» E d i t
 » 2月の映画鑑賞 
今月はもう劇場へは行かないと思うのでまとめとこ。
と言っても3本だけなんだけど。

『アクアマン』
8日(金)の公開日のレイトで鑑賞。
3Dで観るべきだったかなーと今頃後悔している。
でも2Dでも十分その映像の凄さは堪能できた。
海の中で髪の毛が揺れる、それだけでも驚くのだけど、とにかくこれでもかというほど「凄い」の連続の映像。

アメコミ実写版にはこれまであまり縁がなく、家で観てもどうも乗り切れずに来ている。
でもアクアマンは、特に前知識も必要のないわかりやすい話で楽しめた。
主人公もヒロインも二次元から飛び出たような容姿。
あんな凄い肉体な上にチャーミングな主人公には親しみがわく。
ヒロインもカッコイイんだわ。


『翔んで埼玉』

最近外に出る予定がない週末は病人みたいにゴロゴロ悲惨なことにになってかえって調子を崩してしまうので、土曜の午前中には何か映画を観ようとは決めていた。
どれにするかの決め手となったのは世界堂に画材を買いに行きたかったということ。
いつもは駅から遠いから行くことがあまりないバルト9なので、そこでしかやっていない映画ということでこれにした。

これも頭からっぽでくっだらねーと笑いながら観る映画。
でも私は爆笑するほどではなくてクスクスしちゃう感じだったな。
埼玉出身や住んでいる人だともっとツボに入るんだろうな。
隣の席のおじさんはやたら受けていたので、もしかして「さ」の人かな?と思ってしまった(^^;

キャストあってこそな映画だと思うけど、皆うまく嵌っていて良かった。
関東圏以外でどこまで受けるのかはわからないけど、客層は老若男女満遍なく入っていたのでブレイクする可能性はあるかも?


『アリータ: バトル・エンジェル』
本日鑑賞。迷わず3D。
最初こそ「おおっ」となったけど、PSVRなんかで3D映像を見慣れてしまっているせいかゲームのシーンを観ているような感覚に陥る。
まぁ凄いんだけど、体が機械のキャラが多すぎたりして現実感がないせいか。
主人公が意外にダメンズ好きな貢ぎ体質っぽかったりするのも人間臭くていいのかなんなのか。。。
それによる好きな人のためという一応の理由付けがあってのモーターボールへの挑戦参加はわかるとして、1つの見せ場でもあるしね、でもその後の戦いの場もずっとモーターボールだったのかという疑問…。
何か見落としたのかな、私?

2019/02/16 Sat  07:47:54» E d i t
 » ジルの薬 

膵炎対策でジルにはカモタットという薬をご飯の度に与えている。
以前はカリカリにふりかけてその上にフリーズドライの鶏肉をちょびっと乗せてあげるとそのにおいに誤魔化されてか普通に食べてくれていたので、私もジルもなんの負担もなかったんだけど…。
それがある時から一切食べなくなってしまったので、一番小さなカプセルのサイズ5号というのに詰めて食前に飲ませるようにした。

このカプセル詰め、カプセルが小さい上に粉が細かくて薬包紙からすんなり落ちてくれなかったりして中々大変。
少量とはいえ粉は空中にも舞うからマスクは必須。
私、猫に錠剤などを飲ませるのは上手い方だと自負していたのだけど、ジルは結構手強い。
まずルナみたいに口がグワッと開かないし、せっかく喉の奥にブツを入れても何故か器用に吐き出すことがある。
もちろん一発OKなら問題ないのだから、ジルなりのコツを掴んであげればよいだけのことなんだけど。
頑張ります。