space彩
02 « 2017 / 03 » 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2017/03/25 Sat  20:36:59» E d i t
 » 未知との遭遇 

毎月一度長男宅に行っていたけれど、今月はじいじの誕生会を兼ねて我が家に集合しました。
メインイベントはYちゃんとジルルナとのご対面(笑)。

ルナは最初はちゃんと鼻でご挨拶して接待してくれてたのに、さすがの1歳児のしつこさに徐々に不機嫌な顔になり遂にはシャー。
ジルは元々頭を撫でられるのが苦手なので、隅っこで頭を向こう側にして様子を伺っている感じ。
Yちゃんが活発に動くほどに2匹の動きは鈍くなり…。
寝ているのかと思いきや長男達が居なくなった途端2匹共動き始め、特にルナは顔つきが一瞬で元通りになったのには次男と笑ってしまった。
やはり猫ズは子供は苦手なのね。


先日初めて作ってみて気に入ったゴルゴンゾーラものニョッキ、それにもち米のシュウマイ、豚フィレの香草焼き。
バターロールは気に入らなくて二度焼いたもの。
昨夜作ったマーマレードのシフォンケーキには生クリームを添えて。

2017/03/18 Sat  22:42:25» E d i t
 » お客さま 
久しぶりに猫友のスタルカさんてれじあさんがご来訪。
朝急に思い立ってバターロールを焼いたり、なんでこういう時に初めてのことをやりたがるのかじゃがいものニョッキなんてのにも手を出してしまい、思いのほか手間取ってしまった。
買い物に出る時間もなくなってしまって、あぁ時間配分全然駄目じゃん。。。
出来も今一つだったけど、それでも楽しくお喋りしながら食べるのは満足度高い。

ルナは近くでお腹を見せて寝たりしてたくせに、スタルカさんがナデナデしていたら急にシャーしてびっくり。
お義母さまになんてことを(^^;
そのくせその場所をどくわけでなし。なんなんでしょね。
その代わりにジルはやたらゴロゴロ、涎だらだらで寄って来ていたけど、本日の接待係はジルが担当だったのかも?
なんにしても猫ばか話は平和でいいな。

それと、たまにお客様が来てくれると家の中が片付く(笑)
次男が居なくなって料理もワンパタンになってしまっていたから、何を作ろうか考えるところから後片付けまで何もかもが楽しかった。
また誰かに来て貰わなきゃ。

お客様にひっつく(笑)

2017/03/15 Wed  23:18:05» E d i t
本好きなスタルカさんからお借りしたFire's Outシリーズの『鎮火報』『埋み火』が面白かったので単行本買いました。中古ですけど(^^;

主人公の190cm超の20歳の消防士・雄大をはじめ、それぞれがドラマ化したらいいのにと思わせるキャラの立っている登場人物たち。
雄大のダチの祐二は背は低いけど端正な顔立ちで、一見マメシバみたいに人懐っこく見えるのに実はやたらとクール。
中年だっていうのに乙女で金持ちの引き籠りの守は情報収集能力に長けている。
消防士だった雄大の父親に助けられて雄大とは兄弟のように育ち、今は厳しい先輩の仁藤は美形らしい。
雄大が家を出て母親の出番がなくなったが、同居の時には何かと出番の多かったイケテル母親。
それぞれ何かを引き摺っている。
他にも消防士仲間も色々と面白い。

この登場人物たち、どんな俳優がやったら嵌るだろうかと考えながら読むと楽しい。
守は岡田浩暉、裕二は菅田将暉…、あれ?字面が似てる(^^;
母親は小池栄子、仁藤は藤原竜也とか妻夫木聡あたりかなぁ…。
肝心の主役の雄大が難しくて若い頃の坂口憲二くらいしか思いつかない。

まぁでも消防関連なんてお金かかりそうだからドラマ化は難しいんだろうな。
って、内容に全然触れていないけど、まぁいいか(笑)

消防士の仕事について、へぇと思うことも多々あり、本当に大変だなぁと改めて思いました。
こういうお仕事に携わっている方々にはもっと敬意を表すべき。
世知辛い世の中に対する雄大の心の愚痴に、「そーだそーだ」といちいち頷いてしまいました。


雄大が配属になった首都高の下にある麻布消防署飯倉出張所。

2017/03/10 Fri  22:56:17» E d i t
 » ジルの血液検査結果 
先週行ったジルの血液検査のうち糖化アルブミンの結果をきょうもらったので更新。
前回は糖化アルブミンがもう少しで糖尿病コントロール目標範囲に届きそうだったのに、2月はまた血糖値のコントロールがうまくいかなくて上がってしまった。
最近はそこそこな感じに落ち着いてきたので、ここを維持したい。
でもなんたってインスリンの量が難しいのだ。
シリンジの目盛りが1単位なのに、1.25Uじゃ効き過ぎたから更に0.25の半分減らしましょうっていうことで1.12とは言ってるのだけど、もうそれほとんどテキトーだから(^^;
でも明らかに、ほんとにほんとに微妙な量の違いで12時間後の血糖値の値が大きく異なるので、そのテキトーさ加減が難しい。

体重は先生の御達し通り維持で。
世話が行き届いているせいか、ジルは毛艶もよく若返ったみたい。


2017/03/01 Wed  21:31:29» E d i t
 » 梅と寿司と大福と 



仕事を休んで、湯河原梅林(幕山公園)に行ってきました。
曇り空で写真映えは今一つだけれど、満開の梅は中々のもの。
時折日も差すと暖かく、かわいいメジロも飛び交って、今年も春がきたんだね~な感じを満喫。

そこから車飛ばして小田原の勝寿しへ。

店主、噂に違わず本当にいいお仕事してらっしゃる。
どれも本当に美味しかったんだけど、中でも蒸した車海老は噛むほどに甘く、筋をすべて取り除いた贅沢なトロは口の中で何も残さずとろけ、これまで食べた穴子は一体なんだったんだ?てなほどふわっふわな穴子には驚いたなー。
平日の昼間になんという贅沢、なんという幸せ。


注文したのは「おまかせにぎり(たっぷり12かん)」。
後で数えたらなんと15種類ありました。
それなのに、もうちょっと食べたい~なんて思っていた食いしん坊な私です(^^;

その後伊勢屋で買った豆大福を、近くの「なりわい交流館」というお休み処でお茶と一緒に食べつつまったり。
豆大福は大きな豆に重めな餅の皮、たっぷりの粒餡でかなりのボリューム感だったけど、甘さ控えめで程よくペロリ。

更に早瀬のひもので、昔ながらのしっかり干した鯵「戦国武将干」なるものを買って、なんだかしっかり小旅行気分な一日でした。
戦国武将干は明日の朝焼いて炊き立てのご飯と食べるのさ。
楽しみ。