space彩
03 « 2018 / 04 » 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2018/04/14 Sat  23:22:17» E d i t
 » ジルの血液検査結果 

クレアチニンがちょい上昇。BUNも相変わらず高め。
糖化アルブミンは期待していたほど下がっていなかった。
その代わり、膵特異的リパーゼは正常値7~38U/lのところ、前回の50U/lから39U/lに下がって少しほっとした。

フードは低脂肪食ってことで美味しくないのかジルが食べてくれなくてかなり迷走した後、今はロイヤルカナンの糖コントロールのパウチを中心に同じく糖コントロールのカリカリ、ヒルズの消化ケア(i/d)のウエットとドライを併用。
膵特異的リパーゼが下がってきたので、しばらくは今のままで行くつもり。

2018/04/08 Sun  22:26:44» E d i t
 » 日光桜回遊と霧降の滝 
意外に日光は近かった。新宿から片道約2時間。
しかも期間限定の新宿・東部日光直通の切符が片道2,400円ととってもお得でした。

日光桜回遊マップを辿っての桜巡り。
天気も良く、桜が青空に映えてとっても綺麗。
午後はガイド付きのツアーであちこちを散策して色んな話を聞いたのだけれど、江戸の真北に位置したが故に徳川家康の神格化のために日光の今があるってことはわかった(笑)。
最後に行った霧降の滝は水量も豊富でいい感じ。
紅葉はもちろん新緑の頃も綺麗だろうな。
こんなにお手軽に行けるのならまた行きたい。

高田家のしだれ桜。日光市旧市街地の個人宅にある物凄く立派なしだれ桜。
綺麗だった~。
これだけでも行った甲斐がありました。

20180408_02.jpg
これも個人宅の立派なしだれ。

20180408_03.jpg
霧降の滝

20180408_04.jpg

2018/04/01 Sun  21:29:21» E d i t
 » 多摩森林科学園 

例年はソメイヨシノもすっかり散った後の4月中旬以降に行っているのが、きょうはあの辺りはソメイヨシノが満開。
いつもとは違う種類の桜たちが目を楽しませてくれた。
青空も新緑もとっても綺麗。
そよそよと吹く風に桜の花びらがハラハラと舞い散る様も、舞い上がってくる様もなんとも言えず素敵だった。

お昼は去年と同じ蕎麦屋「いっこう」で、写真の他に味噌焼きを食べた。
どれも美味しくて幸せ~。
10割、せいろ、手びきと味の違いを楽しむ三種盛りの蕎麦は、特にせいろが美味しかったな。

蕎麦屋の待ち時間に行ってみた浅川の満開の桜も見事だった。

20180401_02.jpg

20180401_03.jpg

20180401_04.jpg

20180401_05.jpg

2018/03/26 Mon  19:35:17» E d i t
 » 誕生会 
20180325_02.jpg
先月予定していたYちゃん2歳の誕生会が本人発熱で延期になったので、仕切り直して3月生まれのじいじと昨日合同で開催。
久しぶりのYちゃん、更にお喋りになっていた。
でもまだまだお母さんべったりの人見知り。
頻繁に会えるといいのだろうけど、なかなかね…。

Yちゃん、ジルのことも凄く気になるみたいだけど優しくイイコイイコするくらいなので、むしろジルの方が近くに来てはそこら辺でスリスリとアピールしてた。
ジルはまったりゆったりといつもと変わらず、全然ストレスはなかったみたい。
来客の日は結構高くなりがちな血糖値も、昨日の夜はそんなこともなかったし。


ちょっと五目ずしの出来は納得行かなかったけど、皆で食べるとなんでも美味しい。
左下のおひたしは、23日の御岳の遊歩道で買った蕾が菜の花っぽいあの辺でよく栽培されているというなんとかという野菜。
名前忘れた(^^;けど、美味しかった。また食べたい。

2018/03/24 Sat  22:34:42» E d i t
 » 『曇天に笑う』 

いつのまにやらすっかり福士蒼汰沼の住人な私なので、公開初日の21日に行って本日リピート。

『亜人』の監督だというので期待値は高かったのだけれど、なんと撮影は曇天の方が先でこれでアニメ実写化を経験したお陰で亜人はうまくいった的なインタビュー記事をきょう見て、そうだったのか…と。
亜人の後の撮影だったらもっとよかったのかなぁ…。

ま、私は金払った分に見合うものがあればそれでよいんで。
色々能書き垂れたりせず、なーんも考えず楽しむ映画もあり。
何せ、二次元か?っていうくらい着流し姿の福士くんは見栄えがよく、スタントなしでこなしたというアクションも見応え十分。
『ちょっと今から仕事やめてくる』のヤマモト、『髑髏城の七人』の捨之介、そしてこの天火と重いものを背負っているのに表面は底抜けに明るい路線は福士くんにとても合っていて良い。

21日にはテレビでアニメの一気放送をやっていたのでつい一気見してしまったけれど、かなり面白かった。
キャラは結構みんな寄せてるなぁと思ったけど、アニメの方は登場人物も多く、兄弟愛にしても男女の愛にしてもかなり心揺さぶられた。
こんな時に「エモい」って言うのだろか?(^^;


以下、ネタバレ含みます。
-- 続きを読む --