space彩
08 « 2016 / 09 » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2016/09/25 Sun  11:39:17» E d i t
 » 背負えるキャリー 

ジルを頻繁に病院に連れて行くことになって、何が大変って5kg超えのずっしりなジルを抱えて歩くこと。
徒歩6~7分の病院までに途中何度も力尽きそうになる(^^;
前にかかっていた病院は歩いて行ける距離ではなかったので、晴れていれば自転車、天気が悪い時はタクシーを使っていたため逆にジルの重さ自体はさほど気にはならなかったのでした。
だから、ジルの糖尿病発覚でまず背負えるキャリーを買おうと…。

検索した結果、リュック、ショルダー、キャスター、手提げの4通りの使い方ができるオーエフティーブロッサムリュックキャリーSに決定。
しっかりした作りでこれ自体の重さが3kgもあるのだけれど、背負ってしまうとこれまで手で抱えていたより遥かに楽。
両手が空くのもとてもいい。
中は広いので、ジルは座って外を見ていたり。
耐重量が8kgだから普通サイズの猫ならいざという時は2匹運べそうです。
うちはジルが痩せないと無理だけど(^^;

2016/09/10 Sat  17:51:13» E d i t
 » 『途中下車』救済作業w 
こないだの日曜の夜、突然テレビに繋いでいるHDDが認識されなくなった。
以前からたまにセクタ不良があるんだろうなぁという怪しい動きはあったので、あー遂にその時がきちゃったなという感じではあった。
新しいHDDを買うのは決定だけど、中身を移行することは出来ないものだろうか…。
いや、私が救済したいのは一昨年の年末に録画したNHKドラマ特集『途中下車』だけなんだけど(^^;
もちろん北村一輝主演というのもあるけど、あのドラマでの立山黒部の絶景をたまに見たくなるのよね。

調べたところ、「REGZA HDD Easy Copy」というレグザHDDコピーソフトがあって、新しいHDDにお引越し可能らしいことがわかった。
早速こちらの説明ページに従って、まずUbuntuという無料のOSの11.10のisoファイルをダウンロードしてDVDに焼いたのだけど、新しいWindows10のノートではそれからはちゃんと起動できずに何かエラーになってコマンドラインの画面になってしまう。
BIOSいじったせいで、Windowsが起動しなくなってしまって焦る焦る。
PCもデータはどこぞにバックアップしておかねばなぁ…。

古いノートでは起動はできるのでそちらでやることにした。
さてREGZA HDD Easy Copyをインストールしましょと思ったら、今度はインターネットに接続していなから出来ないという。
おそらくOSが古いから対応のドライバがないのだろう。
LANケーブで繋いでようやくインストールは出来た。

REGZAに繋いで初期化した新しいHDDと古いHDDをPCに繋いだら、古いHDDがマウントできない。
相当重症?
こちらを参考に、ディスクのチェックと修復を試みる。
ターミナルってなんぞ?とか、ドライブ名は何だよとか手間取る手間取る(^^;
かなり時間かかったけど、マウントはできてファイル名が表示された。
やたー。

これでようやくコピー開始。
古いノートなのに予想よりは順調に処理が進み、これなら明日の朝には終わっているかもと期待して就寝。

さて、翌朝。
なんとディスクのエラーが出ていた。
ソフトは落ちてはいなかったけれど68%から動く気配がないので諦めてその画面を終了して、不完全だけどとりあえずUUID(録画データだけでなくこれもコピーしないとREGZAで認識されない)をコピーして完了。
REGZAに繋いでみたらちゃんと録画のリストが表示され、その中には『途中下車』もあった。
感動~(T_T)

タイトルが化けているものも多数あって1つ見てみたら中身も怪しい感じだったので、それらはこの際さくっと削除することに。
結局ここまで6日もかかってしまった。

ちゃんと移行できたかの確認で『途中下車』を久しぶりに通しで見る。
大丈夫だった。
景色はやっぱり素晴らしい。
あんな景色、見てみたいなぁ。
このドラマはたゆたうような音楽もじんわり心に染みてきていいの。
父子の関係も微笑ましいし、最後の寄り添う夫婦も素敵。
私も過去途中下車すべき状況を経験したけれど、あんな風に夫婦寄り添って支え会えたらよかったのになと思う。
北村さんは一般的には三白眼のイメージが強いんだろうけど、実際は黒目が大きい。
この可愛さに気付いた人が北村一輝に嵌るんだと思う。


2016/08/28 Sun  23:54:57» E d i t
 » 膵臓癌 
路子さんとはネット上で知り合ったのはかなり古いのですが、実際にお会いしたのはたぶん2011年が初めてでその次が去年の春。
その路子さんの訃報が今朝がた届きました。
膵臓癌でした。
つい先日も九重親方が亡くなってびっくりしましたけど、本当に膵臓癌はあっという間なんですね。

路子さんは健康オタクのような人で、毎年欠かさず健康診断を受けていたし、毎日何kmも泳ぎ、酒もたばこもたしなまず、食事にも気を使ってらしたのに、ちょっと不調で食欲がないと思っていたら膵臓癌の末期で手術も放射線治療も出来ない状態だったと…。
ご本人は至って冷静に、余命2ヶ月くらいの宣告は色々整理するには丁度良いといったことを書かれていて衝撃を受けました。
路子さんが示してくださった死に様、しっかり胸に刻んでおきます。
お疲れ様でした。
安らかに。

2016/08/28 Sun  23:07:03» E d i t
 » ジルが糖尿病に… 

先週末はジルが血尿をタラタラと垂らしながら歩いていてびっくり。
昨年年末の膀胱炎の時からフードはストルバイト対策用しか食べていないのにと訝しがりながら月曜朝一で病院へ連れて行ったところ、尿のpHは問題なく石の結晶も見られないけれど、なんと糖が出てました。
血液検査の結果もやはり血糖値がべら棒に高い。
ただ、猫の血糖値は一時的に高くなることもあるのでこの時点で確定はできず、次の日に検査機関に出した糖化アルブミンの結果を持って確定診断が下りました。
糖化アルブミンの値が高いということは2週間前から既に高かったということが証明されるので、一時的な血糖値の上昇ではないということだそうな。
血尿は糖尿のせいで抵抗力が低下して細菌にも感染しやすくなっての膀胱炎だったらしい。

糖尿病の症状としての多飲は確かにありました。
でもフードを変えてからからよく水を飲むようになっていたからそのせいだと思っていたし、その後のワクチン接種時の検査でも問題はなかったのであまり気にしてなかったんですよね。
前々から腎臓系の値が少し高めだったこともあり、先日の肛門嚢が膿んでた時の診察時に近々血液検査をしましょうと先生には言われていました。
血尿が出る前まではジルに特に変わったことはなく、いつものペースでのんびりまったり、私がソファに横になればすぐに乗っかってきてゴロゴロ。食欲がないとか吐くとかこれといった異変はなかったのです。
でも血尿以降は食欲はあるものの元気はなく、部屋の端でくてっとしていることが多くなりました。

肝臓系の値が全く問題がなかったのは救い。
これ以上他を悪くしないように気を付けてあげなければ。
しかし、決まった時間に決まったことをすることも苦手なら、針刺すのなんて最も苦手な私なのに、なんという試練なんだ(T_T)

2016/08/26 Fri  23:20:30» E d i t
 » きょうのフランスパン 
きょうはピザストーンを入れずに焼いてみました。
1本目は明らかに成形に失敗。
しかも周囲に霧吹きで生地にかけなかったら皮が柔らかい…。
こんなのハード系じゃないやいっ(-_-;

2本目は表面がよく張れて綺麗に成形出来ました。
オーブンに入れたら、クープパックリでムクムク膨らみ、おお~って感じでした(^^)
成形も大事なのね。
一つ一つ実感する日々です。



膨れすぎて帯切れしました。
でもそんなことも初めての経験なのでちょっと嬉しかったり。
同じグラム数なのにこの違い(^^;

しかし、まだオーブンの適正な使い方が全然掴めない。
焼成率は一昨日は我慢して我慢して22%くらいまでになったのだけれど、きょうはピザストーンを挟んでなかったので焦げるのが怖くて結局18%弱でした。

2本目の生地は1本目をオーブンに入れるまで冷蔵庫に入れて発酵をずらしています。
気泡も結構入っているし美味しいからいい感じじゃないかな。



パンマットからクッキングシートの上に移動させる時にどうしても生地を変形させてしまったり、タイミング悪く裏返しになってしまったりだったので、取り板を自作しました。
この画像だと分かり辛いけど、生地の右側に見えているのが取り板です。
段ボールを適当な大きさに切ってガーゼを巻いてガムテープで止めただけ。
これのお陰で生地の移動で「あちゃー」ってことがなくなりました。