space彩
04 « 2017 / 05 » 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2017/05/13 Sat  23:17:12» E d i t
 » ジルの血液検査結果 

また血糖値が高めに推移で、糖化アルブミンが上がってしまった…。
今週もやたら高値が続いた上に、忙しくて帰りが遅くなり夜のインスリンを水・木とパスしてしまってやきもき。
でも意外にパスした次の朝の方が低かったりで一体どうなっているのやら…。
当のジルは食欲も元気もあり平常運転のように見えるけど。

20170513_06.jpg
『ジル』(F4)


2017/04/14 Fri  22:15:16» E d i t
 » 今月のジルの血液検査結果 

糖化アルブミンが糖尿病コントロール目標範囲内にぎりぎりイン。
でも糖尿病発覚以来初のことなので嬉しい。
他は横ばいで突出して悪いものはなし。

でも今週前半のジルは食欲がなくて心配してしまった。
いつも通り「ご飯、ご飯」という感じでくるのに、いざお皿を前にすると食べる気にならないようで…。
食べないとインスリンも低血糖になるのが怖くて打てないし。
血液検査の結果には特に悪いものはなかったので、きっと毛玉なんじゃないかなぁとは思うのの食べてくれないというのは精神衛生上悪いことこの上ない。
そうこうするうちに元通りの食いしん坊に戻ってました。
どこかに入り込んで吐いたのか、今のところ毛玉は見当たらず。
まぁなんにせよ、よかった。

しかしこの間、体重が一日で100g減と、糖が出ている分食欲が落ちるとあっという間に減ってしまうのを実感したのでした。
かかりつけの先生にはいつも「体重は維持で」と言われているのでそのつもりで計算して食事をあげているのだけれど、そうやってコントロール出来るのも食欲があればこそなのだなと。

2017/03/10 Fri  22:56:17» E d i t
 » ジルの血液検査結果 
先週行ったジルの血液検査のうち糖化アルブミンの結果をきょうもらったので更新。
前回は糖化アルブミンがもう少しで糖尿病コントロール目標範囲に届きそうだったのに、2月はまた血糖値のコントロールがうまくいかなくて上がってしまった。
最近はそこそこな感じに落ち着いてきたので、ここを維持したい。
でもなんたってインスリンの量が難しいのだ。
シリンジの目盛りが1単位なのに、1.25Uじゃ効き過ぎたから更に0.25の半分減らしましょうっていうことで1.12とは言ってるのだけど、もうそれほとんどテキトーだから(^^;
でも明らかに、ほんとにほんとに微妙な量の違いで12時間後の血糖値の値が大きく異なるので、そのテキトーさ加減が難しい。

体重は先生の御達し通り維持で。
世話が行き届いているせいか、ジルは毛艶もよく若返ったみたい。


2017/02/11 Sat  21:25:57» E d i t
 » ジルの血液検査結果 
月1の血液検査の結果。
糖化アルブミンの糖尿病コントロール目標範囲は、猫の場合20~30%なのであと少し。

ジルの血糖値の計測とインスリン注射をするのに、スーパーカゴのジル用ベッドにすっぽりはまっているとやりやすいのだけれど、最近では「ピョンして」と言うと自分からベッドにピョンと飛び乗ってくれるようになった。
なんていい子なんだ~。


↑ジルのベッド

2017/02/03 Fri  23:13:20» E d i t
 » ルナの誕生日 

14歳になりました。
いつもさりげなく私のそばにいてくれてありがとね>ルナさん

ルナは毎年夏には体重が落ちて4kg割って、なんとか冬の間に戻すの繰り返しだったのが、今冬は中々増えてくれないどころかじりじりと減って3.7kgを割り込んでしまった。
だいたい、一時自分のご飯を食べずにジルにあげていた低脂肪食なんて食べちゃって自主ダイエットなんてしてくれちゃったからなぁ。
最近ようやく少し上昇傾向になってきて、もうすぐ3.8kg。

過去の誕生日を振り返ったら、2014年も3.8kgって書いてあるからこの時期はそんなものなのか…。
夏までには4kgに乗せたい。

PCのデータ移行に失敗して、ルナの小さい頃の写真がなくなってしまった(T_T)
過去の記事漁ってようやくみつけたブリーダーさん宅で他のちびにゃん達に埋もれているルナ。