space彩
04 « 2018 / 05 » 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2018/05/11 Fri  23:53:12» E d i t
 » ジルの血液検査結果 

5月1日の検査結果。
前回リパーゼが下がってきていて特に症状もないからなのか今回の検査項目からリパーゼは外してあったけど、今がどうなっているのかは知りたかった。
次回は検査してくれるようにお願いしよう。

糖化アルブミンは前回よりもまた少し上がってしまって、血糖値コントロールの難しさを毎度実感する。
冬場は良かったんだけどなぁ。
でも本猫は特に変わりなくよく食べて機嫌よくしているので、計測時には高くてもちゃんと下がっているんだろうなと。

2018/04/14 Sat  23:22:17» E d i t
 » ジルの血液検査結果 

クレアチニンがちょい上昇。BUNも相変わらず高め。
糖化アルブミンは期待していたほど下がっていなかった。
その代わり、膵特異的リパーゼは正常値7~38U/lのところ、前回の50U/lから39U/lに下がって少しほっとした。

フードは低脂肪食ってことで美味しくないのかジルが食べてくれなくてかなり迷走した後、今はロイヤルカナンの糖コントロールのパウチを中心に同じく糖コントロールのカリカリ、ヒルズの消化ケア(i/d)のウエットとドライを併用。
膵特異的リパーゼが下がってきたので、しばらくは今のままで行くつもり。

2018/03/09 Fri  23:02:16» E d i t
 » ジルの3月の血液検査結果 

先週は診察をパスしたので糖化アルブミンの結果がまだわからないのだけれど、2月は血糖値のコントロールがあまりうまくいっていかなかったのでいい値だとは思っていない。
でもようやくここに来てまたいい感じの値に収まってきているのでよし。

白血球がまた低め。でもまぁそんなに心配するような値ではないとのこと。
他にはそれほど気になるところはないかな。

今月からインスリン8本目突入。

2018/02/10 Sat  16:08:10» E d i t
 » ジルの血液検査とフード問題 

2日に受けたジルの血液検査のうち糖化アルブミンの結果を貰ったけれど、やはり33.3と高かった。
糖化アルブミンは過去の血糖レベルの平均と相関関係があって、血糖値のコントロールが出来ているかをみる値。
1月は膵炎での体調不良にステロイド剤投与と色々あったから仕方ない。

それよりも今回も膵特異的リパーゼは高値で、結局のところ特に症状はないものの慢性膵炎なんだろう。
もしかしたら糖尿病発覚以前からそうで、それが原因で糖尿病になったのかもしれない。
お医者さんからはご飯は低脂肪のウエットがいいということでヒルズのw/dかr/d缶を勧められた。

i/dはドライとウエットどちらも食べてくれていたからつい油断してしまったけど、w/d缶は悲しいことに完全に拒否られた。
w/dのドライも全然だったものなぁ。何故かルナはよく食べていたけど。
なのについ送料をケチってw/d156g缶を24個注文してしまった。
ジルってば一口も食べないどころか、鼻のところに持って行くと本当に嫌そうに逃げる始末。

最近はアニモンダの糖尿ケアのウエットと不足分をロイヤルカナンの糖コントロールのドライをあげていたのだけど、何せアニモンダの療法食は100gで税込み357円とお高い。
でも今の所これというものがないので、アニモンダでもより低脂肪な肥満ケアを注文してみた。
良いものをあげたいのは山々だけれど、もうちょっと安くてジルに合ったウエットはないものか…。

2018/01/20 Sat  23:54:32» E d i t
 » ジルのその後 
肝を冷やしたジルの膵炎だったけれど、発覚後4日目には吐き気止めの注射をやめ、6日目には脱水もすっかりなくなったので輸液もせず毎日の通院治療が終了となった。
体重も最初に100g落ちただけであっという間に復活。

ステロイドを使ったせいでインスリンの効きが悪くてずっと高値だった血糖値も、ここ数日ようやく下がってきた。
上昇気味だった肝臓系の値がどうなっているのかが気になるところではあるけれど、そんなにたいしたこともなく元通りの感じになってくれて心底ほっとした。