space彩
01 « 2017 / 02 » 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.
2017/01/29 Sun  21:14:18» E d i t
 » 『幸せなひとりぼっち』 

2015年のスウェーデン映画
59歳だというオーヴェがどう見ても70歳くらいのおじいちゃんにしか見えなくて、だから余計昔との対比にこちらは感傷的になってしまう。
それに回想されるオーヴェの人生はかなり辛いことがてんこ盛りで…。
でもどんなことがあったとしても、最愛の人と巡り会えて結ばれてずっと愛していられるなんて最大級の幸福にも恵まれていた彼の人生でもありました。

妻に先立たれ長年勤めた会社もクビになって死のうとまでするオーヴェは、隣に引っ越して来た一家、ことにイラン人の妻との交流で徐々に再生していきます。
それに頑固で偏屈であっても彼はなんの偏見も持っておらず、傷ついた野良猫を受け入れ、カミングアウトして父親の逆鱗に触れて家に帰れないゲイの若者を受け入れたり。

オーヴェは父親の影響で車はサーブ一途、愛車に他人を乗せる時にはシートに新聞紙を敷いているのには笑っちゃうけれど、懐いた臨家の子供を遂には新聞紙のない助手席に乗せ、「生きてるって感じだろ?」と自分が子供の頃に同じシチュエーションで父に言われたのと全く同じことを言ったのにはついほろり。
父親との突然の別れも衝撃的だったし、もうすぐ生まれ来る我が子を事故で失った過去があるが故に。
色々な愛が詰まっていて、ほのぼのじんわり来る映画でした。

2017/01/14 Sat  22:20:24» E d i t
 » 初IMAXで『君の名は。』 

IMAX初体験。
まずI上映前のMAXの紹介で、吸い込まれていくような映像に「おおっ」となり、更にいくつかの映画予告で迫力のある音にびびる。
『君の名は。』の美しいと評判の背景も、その大画面で堪能できてそれだけでもかなり満足だった。

『君の名は。』はテレビで流れるスポット以外見たことがなかったので、男女入れ替わりからのストーリー展開は「そうきたか」の感じで面白かった。
先日観た『ぼくは明日、昨日の君とデートする』と少し似ているとも感じた。
時間軸の違うすれ違い、運命で結ばれた2人。
ただ『ぼくは明日、…』は運命に抗えない壮大なすれ違いで終わるのに対し、こちらは運命を変えて出会って終わる。
特に『君の名は。』はハッピーエンドだからいいんだろうな。

2017/01/09 Mon  12:24:41» E d i t
読んでからもいわゆるラノベだと思っていたのだけど、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(七月隆文著)は一般小説なんですってね。
『ちょっと今から仕事やめてくる』(北川恵海著)も福士くんが出ている映画の原作なのでついでに買ってみた。
理想の息子枠だけど、私福士くん推しなので(笑)
それで、こちらの本はラノベ?
ラノベと一般小説の違いがよくわからないのだけど、どちらも量はなくて通勤電車と昼休みちょっとで読み終えた。

本やアニメなどの実写化では、たいていが原作>映画という内容量だと思うけれど、『ぼくは明日…』はおおよそイコール。
予算の関係か、エピソードが違っていたりはするのだけど。
実写化された映画を観る時に、元々原作を読んでいない場合はやはり『聖の青春』の時に思ったように、「映画を観る⇒原作を読む⇒良ければ再度映画を観る」がいいような気がする。
その点『ちょっと今から仕事やめてくる』を読んでしまったのは失敗だった。
オチの部分がちょっとなぁ…な感じもしてしまったし。

でまぁ、原作を読んでから再び昨日『ぼくは明日…』を観てきたわけです(^^;
1度目は恋人になった2人がひたすらイチャコラしているのを見せつけられてる感じがした前半が、2度目にはどちらの側に立ってみても切ない。
冒頭の出会いのシーンからもう泣けてしまう。
福士くんの微妙な表情の変化や、彼女の言葉に対して何度も発せられる「え?」とか「うん」の時々のトーンの違いも心地良く。
原作のイメージよりはだいぶ男前すぎだとは思うけど、声や醸し出す優しい雰囲気がとても合っている。
彼女の方は映像の印象が強くて、容姿といい話し方といいもう映画の彼女以外を想像することができない。
それくらい小松菜奈さんは誰が見ても可愛くて愛しくなる愛美を演じているんじゃないかな。

彼が一目惚した彼女とつきあうようになって幸せの絶頂にある時に彼女の秘密を知る。
それが月が満ちた15日目。
その時に「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のタイトルが入る。
うまいなぁ。
映像が綺麗だ。
エンディングもいい。
登場人物も少なく大袈裟な演出は何もないのだけれど、2人の純粋さ優しさや、ふとした場面で覚える郷愁とか友達や家族の温かさが伝わってきて、観終わった後に不思議と気持ちがスッキリする。
疲れている時には特にお勧めかもしれない。


2017/01/03 Tue  19:22:03» E d i t
 » 初詣 
2009年から初詣は友人達と堀之内の妙法寺に行っている。
ここに行き始めてからなんとなく良い年を過ごせたような気がして、その年々で行く人は多少入れ替わるけれど私は毎年欠かさず行くようになった。
初詣の日はいつもお天気がいい。
きょうもこの時期にしては気温も高めで気持ちの良い青空だった。

まず仁王門で鰐口を鳴らしてご挨拶。
門をくぐって手水舎「天明の水」で手と口をすすぎ、線香を焚く。
祖師堂にお参りしてから本堂でお屠蘇を頂き、そこからお成りの間など中を見て回った後おみくじを買う。
今年は去年と同じ「小吉」だったけれど、内容的には悪くない。
面白かったのは、私の後で引いた湘南さんが全くおなじ番号だったこと。
そんなことってある?(笑)
学問と眼病の守護とされる「日朝堂」で「これ以上目が悪くなりませんように」とお参りして、そこから「二十三夜堂」「浄行堂」と更にお参り。
そのまま裏からぐるっと回って表に出て、去年買ったお守りをお返して新しいのを買う。
…というのが、新年のおそっさま詣のルーティーン。
今年も平穏無事で過ごせますように。

さて、明日から平常モード。
今月から新しいこともやらなければならないので、仕事も頑張らねば。


十二支の絵の杯コンプリートまであと3年。
今年の鶏は可愛い。

2017/01/02 Mon  22:15:13» E d i t
 » おせちにお雑煮、皆の笑顔 

きょうは次男と次男の彼女も一緒に長男宅に行って、お正月気分を味わった。
皆で集えるのが嬉しくて奮発したおせちは、年末ギリギリの既に販売終了や完売が多いなか頼んだにしてはまずまずなお味。
長男が作ってくれたお雑煮も美味しくて、きょうは体重増加のことも忘れてお腹一杯になるまで食べた。

Yちゃんは生後10か月、動きも活発になり反応も益々面白くなってきて楽しい。
離乳食をモグモグごっくんするたびににっこにこで拍手したり、何で覚えたのかわからないという変な顔をしてみせてくれたり。
お茶を口に含んでは志村けんのコントのように飲まずにわざとだーっとこぼしたり。
そのたびに皆が笑っていた幸せな新年2日目。
昨日の鉄棒のせいで筋肉痛は恐ろしく酷かったけど…(^^;