space彩
01 « 2018 / 02 » 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.
2018/01/29 Mon  17:54:31» E d i t
昨日は劇場に行くはずだったのだけれど、突然の体調不良で行けず。
体調不良も何もこのタイミングでならなくてもねぇ。13,000円のチケットが…(T_T)

23日のライブビューイングにはなんとか行けた。
あれは本当に楽しくて、上杉景勝にドハマりしてた時にえいやで行っちゃった「かねたん号で行く!!米沢史跡めぐりバス・ツアー」以来のワクワク感だったかもしれない(笑)
私「きょうは会社休みます。」で体調もどうやら戻って来たので、ちょっと書いておこうかな。

福士蒼汰の捨之介。
他のシリーズを観ていないので若い捨之介にも違和感は全くない。
そういう脚本にしたのだろうけど、真っすぐで本気で天魔王を止めようとする捨之介は若い故にハマっている。
当初は手順を確認しながら恐る恐るやっているように見えた殺陣もすっかりサマになり、アドリブもこなし、自身も楽しんでいるように見えた。
本当にこの人はなんでも持っている感じがするなぁ。
それが嫌味にならないから明るいキャラがよく似合う。
抑揚のない真面目な二枚目な役が多い印象だけれど、映画「ちょっと今から会社やめてくる」の関西弁を話す明るい山本なんて凄くよかった。
今年は主演や主要キャストでの映画の公開が続くのも楽しみだし、この舞台をやりきってからの作品はまたひと味違ってくるのかもしれないと期待するところ。

キラキラとしてヒーロー感さえ漂ってそうな捨之介に比しての蘭兵衛の闇の深さ。
自分と極楽大夫で作った無界の里を守ろうと髑髏城に乗り込んでいくのに、闇落ちして無界の里襲撃で人を斬るのが「楽しい」と仰る。
捨之介が蘭兵衛が果てた時に「お前が選んだ道だ。今度は迷わず進めよ、殿が待つ場所へな」と言うので、結局は殿亡き後にどう生きればいいのか、あるいは殿が「生きろ」と言ったから死ねずにいたのか。
この三浦翔平のオラオラ感のある蘭兵衛がまた美しい。
最期に目を見開いたまま流れる一筋の涙、なんてシーンの顔ドアップはライブビューイングの大画面ならでは。
あのタイミングであんな綺麗な涙を流せるって役者って凄い。
同時に相当息が切れていて胸がハァハァ状態なのも見えてしまったけれど、そこは見なかったことにしとく(笑)

捨蘭コンビが並んでカーテンコールで映しているカメラを探しての笑顔の眩いこと。
「美しいっ、まっこと美しい」
贋鉄斎かっw
これ含めてエンタメだった。

自分が映画とか舞台とかあまり考えて見ていないというのは、この舞台も2度目にしてとある台詞に「あー、そうだったのかぁ」と思ったことでよくわかった。
人は見ているけど台詞を聞いていなかったのか?と自分でもちょっと驚いた。
それくらいぼーっとして観ているということを自覚して、ライブビューイングの感想も捨蘭コンビ上っ面のみ(^^;

とにかくライブビューイングはことのほか楽しかったので、昨日のリベンジに向けて体調整えなければ。

2017/12/31 Sun  18:46:55» E d i t
 » チャレンジ失敗 
3年目の年末逆上がりチャレンジ(去年は年明けに延期)、今年も駄目だったー。
あともうちょい、本当に惜しかったのだけど、1回目で駄目ならもう勝ち目はない。
1回で腕に相当なダメージがあるので、後はどんどん駄目になっていくだけ。
去年は粘ったせいでその後の筋肉痛が酷くて本当に参ったので、今年は3回で早々に引き上げ。

腕力はそこそこ回復しているので、敗因は去年に続き体重だと思われる。
一昨年は今より3kgは軽かった。
寝る前の腕立ては、去年は20回だったのが今年は30回以上やっていた。
ただ去年腕立てをサボったのはインフルエンザで高熱だった2日間だけだったけど、今年は3日に1日くらいはサボってた感じ。
トータルだとどうなのだろう、と計算してみる。

20回×363(日)=7,260回
30回×365×2/3=7,300回

ほぼ同じ(笑)
来年も逆上がり復活を目標に、サボらずに頑張ろ。

2017/12/29 Fri  23:59:03» E d i t
 » 今年も暮れ行く 

パソコン通信からのおつきあいの面々と毎年恒例の忘年会。
もうこの時にしかリアルでは会わない人も多いのだけど、とにかく楽しくて笑い転げてこれがあって年の瀬という感じ。

1年あっという間だったなぁ。
来年の私もこんな風に皆と笑い転げているのだろうか。
そうだといいな。

20171229_01.jpg

20171229_02.jpg

20171229_03.jpg

20171229_05.jpg
中野のワイン蔵バンカンにて。
料理もワインも美味しゅうございました。

2017/12/24 Sun  20:05:25» E d i t
 » 炊飯器 

炊飯器で予約をしようとするとピーピーと警告音が鳴って何やらエラーコードが表示される。
前にも何度かあって底を拭いてみたり色々しているうちになんとか回避出来ていたのだけど、今回はあきまへん。
釜もハゲハゲだし、もう1人分でいいので小さいのに買い替えようとは思っていたので、エラーコードが何かも調べずにネットで物色開始。

型落ちだけど評判も良く7,300円と安かったので「東芝 3合炊き マイコンジャー炊飯器(ブラック) ブラック RC-5SK」に決定。
0.5合の計量カップもついていて本当に一食分だけ炊けるのがいい。

今朝届いたので早速炊いてみた。
前の炊飯器で初めて炊いた時のような「おおっ」という感じはなかったのだけれど、米そのものの違いもあるだろうから今度はちょっといい米を買ってみよう。

家の中のことは、一人になってからああしようこうしようと思っていても中々行動に移せずにいる。
今回みたいに強制的に動かされてしまうというのも、ズボラな私にはいいのかも。

2017/10/16 Mon  20:46:24» E d i t
 » PSVR初体験 

次男がPlayStation®VRが買えたからやりにおいでと言うので早速昨日体験してきた。
まず手始めにラルクの『Don't be Afraid』の360°MVを観る。
おおっ、これはいい。
私は車の後部座席に乗っているんだけど、前の座席にhydeさんが乗り込んで来て目の前で歌ってくれる。
こういう感じでライブなんかが観られたらいいなぁ。

その後は海の底深く潜って行ってサメに襲われる「The Deep」の体験版。
バーチャルとわかってはいてものけ反る(^^;
近くまで綺麗な魚が寄ってくるのも楽しい。

次男がスピードが出るのよりも歩く速度の方が気持ち悪いと言い、次男の彼女はリュージュが3秒くらいで駄目だったと言うので両方やってみたところ、私は次男と同じくリュージュは大丈夫だったけどバイオハザードのゆっくりした移動が駄目だった。
そこで止めておけばよかったのに、次男が「DRIVECLUB VR」を起動してくれてしまったので調子に乗ってしばらくやっていたら、何度もあちこちにぶつかってクラッシュしてグルグルしてるうちにイヤーな汗をかいてきてギブアップ。

ついにVR酔いまでも初体験…。
酔った後で飲んでも仕方ないとは思いつつあまりに気持ち悪いので持っていた酔い止め飲んでなんとか家に辿り着くも、ジルにご飯をあげてソファに倒れ込んだらそのまま寝てしまった。
先週は滅茶苦茶忙しかった上に週末は飲み会、土曜日は寝不足、それにVRで頭も疲れたせいか何度か目が覚めつつもトータル11時間超寝た。

最後の車のがなければ私も買っちゃおうかなーくらいの勢いだったけど、ちょっとしばらくはいいかなという感じ(笑)
でもゲームではなく前述したようにライブとか、どこかの美しい景色を体験するとかそんなのが私はいいなぁ。
ただ、一人でそんな世界に浸ってしまっていたら、現実の世界で何かが起きていても気が付かないかもしれないから危険だわな。