space彩
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2017/04/29 Sat  19:37:27» E d i t
 » 『無限の住人』 
GW初日の映画館は物凄く混んでいて、コーヒーでも買おうと思っていたらとんでもない行列で上映時間に間に合いそうもないので諦めました。
『無限の住人』も287席スクリーンが満席でした。

原作は読んでなくてネットで少し情報を拾ったのみ。
とにかく出演者が多く、万次(木村拓哉)と次々に戦いになって、ストーリーどうこうというよりもそれそのもののエンタメ映画でした。
出演者が多い分、どの役も唐突に出て来てあっという間に終わる感じ。
北村さんの黒衣鯖人も情報がなかったら話が繋がるのか?という突然の恋文朗読(笑)。
低めのトーンの声が中々良いけれど、相手が子供にしか見えないんでなんだかもやる。
もう少し掘り下げてくれたら北村一輝ならではの役になったかもしれないという片鱗は垣間見えるだけに、ちょっと残念だったかな。

キムタクの主演映画を劇場で観たのは初めて。
殺陣はカッコよく、さすがに存在感はあります。
ただ物語性は天津(福士蒼汰)の方に断然あって、思い入れもそちらに行ってしまう。
私が福士くん推しだからか?
この辺は他の人の感想を待ちたいところ。
300人斬りの大立ち回りも迫力はあるけれど、その300人の幕府軍は天津を討つのが目的なはずなのに、なんで万次とわらわらやりあって殺されているんだろう?
…なんて考えちゃ駄目よね(^^;。


2017/04/22 Sat  18:00:21» E d i t
 » 『美女と野獣』と八重桜 
20170422_01.jpg
IMAX・3Dで観てきました。
というか、そうでなきゃ、という感じ。
夢の世界が目の前で現実のように広がって、それだけでもう楽しいし面白い。
オオカミ好きな私としては、オオカミの群れが追いかけてくるところなんて迫力あって特に良かった。
そこにオオカミがいるようでたまらん。

エンディングは延々まだ来るかというほど長くて、VFXだのCGだのという文字が流れていく。
これだけのものを作り上げるってどんだけ大変なんだろうと思いを馳せました(笑)。

映画の後は、新宿御苑に足を延ばして八重桜を見に。
たくさんの人出だったけれど広いからさほどには感じずに、それぞれのペースでのんびりと春を楽しんでいる感じがいい。
若葉も美しくて、この季節のお散歩は格別ですね。

20170422_02.jpg

20170422_03.jpg


2017/01/09 Mon  12:24:41» E d i t
読んでからもいわゆるラノベだと思っていたのだけど、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(七月隆文著)は一般小説なんですってね。
『ちょっと今から仕事やめてくる』(北川恵海著)も福士くんが出ている映画の原作なのでついでに買ってみた。
理想の息子枠だけど、私福士くん推しなので(笑)
それで、こちらの本はラノベ?
ラノベと一般小説の違いがよくわからないのだけど、どちらも量はなくて通勤電車と昼休みちょっとで読み終えた。

本やアニメなどの実写化では、たいていが原作>映画という内容量だと思うけれど、『ぼくは明日…』はおおよそイコール。
予算の関係か、エピソードが違っていたりはするのだけど。
実写化された映画を観る時に、元々原作を読んでいない場合はやはり『聖の青春』の時に思ったように、「映画を観る⇒原作を読む⇒良ければ再度映画を観る」がいいような気がする。
その点『ちょっと今から仕事やめてくる』を読んでしまったのは失敗だった。
オチの部分がちょっとなぁ…な感じもしてしまったし。

でまぁ、原作を読んでから再び昨日『ぼくは明日…』を観てきたわけです(^^;
1度目は恋人になった2人がひたすらイチャコラしているのを見せつけられてる感じがした前半が、2度目にはどちらの側に立ってみても切ない。
冒頭の出会いのシーンからもう泣けてしまう。
福士くんの微妙な表情の変化や、彼女の言葉に対して何度も発せられる「え?」とか「うん」の時々のトーンの違いも心地良く。
原作のイメージよりはだいぶ男前すぎだとは思うけど、声や醸し出す優しい雰囲気がとても合っている。
彼女の方は映像の印象が強くて、容姿といい話し方といいもう映画の彼女以外を想像することができない。
それくらい小松菜奈さんは誰が見ても可愛くて愛しくなる愛美を演じているんじゃないかな。

彼が一目惚した彼女とつきあうようになって幸せの絶頂にある時に彼女の秘密を知る。
それが月が満ちた15日目。
その時に「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のタイトルが入る。
うまいなぁ。
映像が綺麗だ。
エンディングもいい。
登場人物も少なく大袈裟な演出は何もないのだけれど、2人の純粋さ優しさや、ふとした場面で覚える郷愁とか友達や家族の温かさが伝わってきて、観終わった後に不思議と気持ちがスッキリする。
疲れている時には特にお勧めかもしれない。


2017/01/07 Sat  22:37:01» E d i t
 » 『聖の青春』 

WOWOWで関連の番組をやっていたのをながら見していて、映画に行ってみようかと思った。
でも主人公の村山聖という棋士のことを全く知らなかったし、まず原作を読んでみることにした。
それは大崎善生さんの村山聖の一生を描いた実話。
遅読(ちょびちょび読んで単に時間がかかるだけ)の私にしては珍しく一気読みしてしまうくらいぐいぐい引き込まれた。

幼いころから難病のせいで様々なことを諦めなければならなかった分、将棋は聖にとって希望であったろうし生そのものだったのだろう。
膀胱がんに罹った後も頭と将棋に悪影響を及ぼす可能性がある鎮痛剤のような薬は一切拒んだらしい。
兄や父母、師匠、周囲の人の聖への思いも凄く伝わってくる。

映画
聖を演じた松山ケンイチさんは役作りで太ったというのはあちこちで見ていたけれど、その印象よりも更にまん丸で、役作りとはいえ凄いなとまず感心してしまう。
東出昌大さんの羽生善治も相当本人に寄せていて、他の出演者もこういう人たちがあの辺りには居るんだろうななんて雰囲気を醸し出していた。
ただ、原作のある個所をイメージしただろう映像が唐突に現れたりするので、やっぱり本を読んでいるのといないのとではその画面の受け取り方も違うだろうから、どっちがよかったのだろうと思ってしまう。
映画を観て、原作を読んで、もう一度映画を観るのがいいのかな。
でもこれはむしろもう一度本を読みたい。

たまたま正月の一挙放送で内容も知らずに録画した「3月のライオン」というアニメが将棋の話で、村山聖がモデルらしい登場人物が居てびっくり。
将棋ブーム来る?

2017/01/01 Sun  22:10:29» E d i t

休みに入る前から正月は久しぶりに映画でも観ようと決めていた。
『聖の青春』と迷ったのだけれど、こちらは原作本を買ったのでそれを読んでからにすることにして、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を観てきた。

福士くん、綺麗だったな。
癒し系の声が優しい高寿の役によく合っていた。
相手役の小松菜奈さんもテレビの番宣で見たよりずっとナチュラルな感じで可愛いくて、甘々だったり切なかったりの2人を見ているだけで、だらりと何もかもが伸びきった正月モードの私には十分だった(笑)。

帰ってから久しぶりに散歩に出て、公園の鉄棒で逆上がりにチャレンジ。
いやーん、できなくなってたー(T_T)
昨年の運動量は前年よりも相当減っていたと思うけど、寝る前の腕立て伏せ20回以上というのは1月のインフルエンザで辛かった2日以外363日欠かさなかった。
でも11月末のインフルエンザ罹患からは全く運動していなかったし、前回チャレンジ成功した一昨年の大晦日よりも体重は23kg増だから、腕の筋力というよりはそこから改善しないと…。

というわけで、今年の1つ目の目標が決まったぜ。

逆上がりが出来るようになる!