space彩
05 « 2018 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2018/05/26 Sat  23:59:00» E d i t
 » 風邪と耳鳴り、耳閉感 
記録。
GWの終わり頃に喉が痛くなり鼻水が出始める。
熱が出た時によく耳鳴りすることがあるけれど、熱はないのに耳鳴りが酷い。
でも風邪が治れば症状も消えるのだろうと気楽に構えていた。
が、一向に良くならない。
それどころか低音のうわーんという感じと耳閉感があり、しかも右耳の高音の耳鳴りも酷くなる。
低い音は外では紛れてくれるのでまだいい。でも高音はどんな時も気になって不快。

4年前の夏に始まった右耳の高音の耳鳴りは、恐らく老化で右耳が左耳よりも聴力が落ちて脳が右耳の感度をあげたせいで起きている、と自分では結論付けて納得するようにしていた。
初めの頃は毎日で辛かったのが気にならない日の方が多くなっていたし、寝不足や疲れている時、それから快晴の日には起きやすいという傾向もわかったし、起きたとしてもやり過ごせるようになっていた。

GW開け2週目、大分風邪も良くなっていたのに耳鳴りと耳閉感は全然良くならず。
テレビの音量がいつもはMAX25で夜は20~22あたりなのに、その時は25が小さく感じて、あれ?と思いながら上げたり下げたりしているうちに、あー、これはテレビのせいなんかじゃない、自分の聴力が落ちてるんだとようやく把握したところで、病院行きを決意。

聴力検査は相当悪く、現実を突きつけられてへこんだ。
しかも左耳の方がより聞こえていないことが分かって、右耳キーンの私の解釈って一体なんだったんだ?と(苦笑い)。
それから余計気になりだして、とても辛くなってしまった。
でもね、普通に眠れるんだ。
しかも起きた瞬間は耳鳴りはしていない。すぐに起動しちゃうんだけど。
なのでこれは脳の問題も大きいのだろうし、だとすれば4年前の色々な治療のうち精神安定剤で消失した経験もある。
1日ぼーっとしてウトウトするのは困りものだけど、とりあえず究極その手があるのを知っているのは大きかった。

前は職場の近くの大きな公園に昼休みはウォーキングに行っていたのが、また前の職場に移動して運動不足に拍車がかかった。
自律神経の調子もよろしくないのだろうなということで、今週は夜に結構頑張って歩いた。
首のストレッチも入念にした。
薬剤師さんにそんなに急に良くならないのでとにかく焦らずにと言われていたのだけど、今回はビタミンB12と血流をよくする薬が効いたのか、ストレッチとウォーキングが功を奏したのか木曜には症状が治まってくれた。
明らかにテレビの音量と聞こえ方も戻っている。
きょうの再検査でもそれが証明されたし、左右のバランスもよくなっていた。
右耳のキーンという耳鳴りは完全に消失することはないだろうととうに諦めてはいるけれど、聴力に影響なく気にならない程度であれば問題ない。


そんなこんなのスッキリしたきょうは、次男夫婦に招かれてランチ。
長男のところはうちからはちょっと行くには遠くて、しかもお嫁さんの実家が徒歩圏内なので、次男は私の事は自分達がと思ってくれているみたいでよく声をかけてくれる。嬉しい。

2017/02/11 Sat  22:29:34» E d i t
 » 視力回復の怪 
一昨日は人間ドックでした。
前回から変わったことと言えば視力。
なんと、かなり良くなっているという結果が出てびっくり。

前々回は左右とも0.4、前回は右0.4左0.2だったのが、今回は右0.8左0.7。
ありえん。
でも確かによく見えました。
だけど世界は相変わらずぼやけていて良くなったという実感が全くない。
検査の機械に度が入っていたんじゃないのかな?(笑)

婦人科系の結果が後日郵送されてくる以外は、特に異常なし。
あ、身長が年々縮んでいるのは悲しい現実…。

↑人間ドックの検査後の食事。
全部が薄味だとそれに慣れて美味しく感じるものだなぁと思いながら頂きました。
これくらいの食品数が摂れるといいけど、一人だと中々難しい。
いっそ休日くらい近所のファミレスにでも行くかな…。

2017/01/21 Sat  22:48:07» E d i t
 » 温水洗浄便座症候群 
肛門周囲がなんだか痛痒くなって、もしかしてこれは痔なのか?と思ったのが数か月前。
何が何やらで薬局に行ったら勧められたのは痔の塗り薬で、とりあえず塗ってみるとしばらくは症状が軽減するものの時間が経つと余計痛痒さが増してくる感じ。
いやー、これは違うな、とその薬は早々に使うのを止めた。

症状からネット検索して、温水洗浄便座での洗いすぎでのトラブルが増えていることを知る。
これじゃん(^^;
近年水圧最強でガンガン温水を当ててたからなぁ…。
皮膚がダメージを受けているのか、それとも洗いすぎでバリアがなくなったところに細菌が繁殖しているのか?
場所が場所だけに病院には中々足が向かず、まずはこれまでの必要以上の洗浄をやめて、ダメ元でメンソレータムを塗ってみたら徐々に症状が改善した。
よかった、病院に行かなくても済みそう。
しかしきれいに洗うための温水洗浄便座が、いつのまにか「洗いすぎに注意」ってことになっていたとは。
データは更新しないといかんですね。

ちなみに痔でもないのに痔の薬を塗るのはかえって症状を悪化させるケースも多いとか。
そして、メンソレータムはあくまでも自己責任ということで(^^;

2016/12/04 Sun  10:07:37» E d i t
 » 世代交代 
先週は月曜から発熱し、火曜朝一にインフルエンザA型の確定診断が下って週一杯お休みとなりました。
もっとも熱以外はあまり辛い症状もなく、「一週間くらい休みたいなぁ」という心の呟きが現実となった感じで、ひたすら録画した映画やらドラマやらを見まくり、猫ズとまったり過ごしたのでした。

自分でも朝から39度もあるってのはインフルだろうなと思ったので、それならばどこの病院でも治療は同じだろうからと一番近い内科の個人開業医に行きました。
(他の科の病院にかかるようになってついでに内科も見て貰うとか、後は総合病院に行ってしまったりしていたので、この病院に行くことがなくなってました。)
ここに越して来た時はその病院はおじいさん先生がやっていて、しばらくして息子さんが跡を継ぎました。
胃腸科があるので、私も大腸ファイバーや胃カメラの検査を受けたことがあり、当時は9時始まりのところ8時半頃に行くと既にかなりの人が待合室に居て、特に高齢者が多く談笑していたんですよね。
なので、今回8時15分に家を出て行ったのですが、まだ誰も居ませんでした。

高熱があると告げると早速診察室とは違う処置室みたいなところ隔離されて8時45分位には診て貰えたんですけど、なんと先生が若い人に代わってました。
息子さん?
診察が終わって待合室に出た時にも、待ってる人が1人しかいなかったので、以前のような老人たちの憩いの場みたいな感じではなくなったのかな(^^;
まぁ、先生が世代交代なら患者の方だって世代交代してますよね。

変わった紫陽花。
このまま冬を越すのだろうか?

2016/03/13 Sun  11:55:50» E d i t
 » アレルギー検査の結果 

11日(金)に病院に寄って先日のアレルギー検査の結果と、2週間服用しての経過を診てもらいました。
スギとかハウスダストはあるのはわかっていたんですけど、まさかのネコのフケも陽性…。
20代の頃の検査ではなかったと記憶してるのですがいつのまにやら反応する体になっていたのか(-_-;
先生は「酷い」を連発するので、この結果のクラスの値が大きい方が酷いということですか?と聞いてみたら、数値は関係ないと仰る。
怖いのは喘息になることで陽性ということはその可能性があるということらしいです。
なので、猫は今更飼うなとは言わないけれど寝室には絶対に入れるな、と…。

しかし同じ哺乳動物のフケでなんで犬には出なくて猫には出るのかな。
人間のフケで出たりしないのかな?(笑)
友人情報では子猫と成猫でも種類でも違うらしいんですよね。なんだか不思議。
ハウスダストはダニの死骸とイコールらしく、これが私には物凄くよろしくないのは自覚があるので、コマメに掃除するしかないですね。
でもその自信は実はあまりない…(^^;
平日家に居ないから布団も滅多に干せないし。

「非特異的 IgE検査」というのが全てのアレルゲンに対するIgE抗体の値ということらしいです。
そこんとこは先生の説明はなく自分で調べました。
こんな花粉症症状がピークの時に計測したら、通常よりは高いのではないかと思うのだけどどうなんでしょ?

20代の頃にアパートの部屋に戻ると途端にくしゃみ鼻水連発で一晩でティッシュ一箱使い切るという時期がありました。
その時の検査ではハウスダストが振り切れていた記憶…。
自室で反応していたのはカビで、毎日職場近くの耳鼻科に減感作療法の注射を打ちに通ってました。
通院しなくなった顛末が「もう来なくていいですよ」だったのかなんなのか覚えていないのですけど、あれは効果はあったのかなぁ?