space彩
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2011/12/08 Thu  23:36:39» E d i t
 » 開戦から70年 
70年前のきょう、真珠湾攻撃によって大東亜戦争が始まりました。
これまでこの日を意識したことはほとんどなかっのですが、今年は色々と思うことがあります。
日本はこの戦いに負けましたが、結果的には欧米によるアジアの植民地支配も終わることになったのです。
アジアの多くの国では日本に感謝と尊敬の念を抱いているというのを、私は半世紀も生きてきて今年ようやく知りました。

■ククリックド・プラモード(タイ、元首相)

「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。
我々はこの日を忘れてはならない。」

( 十二月八日、現地の新聞「サイアム・ラット紙」において )


原発事故がなければ、未だに私は無関心なくせにマスコミの垂れ流す情報を鵜呑みにしていたことでしょう。
私の周囲でも私のようにこのままでは日本は本当に危ないぞと気づきはじめている人が徐々に増えています。

【真珠湾攻撃70年】「ルーズベルトは狂気の男」 フーバー元大統領が批判 - MSN産経ニュース

2011.12.7 22:41 (1/2ページ)[歴史問題・昭和史]

日本軍による米ハワイ・真珠湾攻撃で、黒煙を上げる米海軍の戦艦アリゾナ(ロイター)

 【ワシントン=佐々木類】ハーバート・フーバー第31代米大統領(1874~1964年)が、日本軍が1941年12月8日、米ハワイの真珠湾を攻撃した際の大統領だったフランクリン・ルーズベルト(第32代、1882~1945年)について、「対ドイツ参戦の口実として、日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』」と批判していたことが分かった。

 米歴史家のジョージ・ナッシュ氏が、これまで非公開だったフーバーのメモなどを基に著した「FREEDOM BETRAYED(裏切られた自由)」で明らかにした。

 真珠湾攻撃に関しては、ルーズベルトが対独戦に参戦する口実を作るため、攻撃を事前に察知しながら放置。ドイツと同盟国だった日本を対米戦に引きずり込もうとした-などとする“陰謀説”が日米の研究者の間で浮かんでは消えてきたが、米大統領経験者が“陰謀説”に言及していたことが判明したのは初めて。

 ナッシュ氏の著書によると、フーバーは第33代大統領のトルーマンの指示で戦後の日本などを視察。46年に訪日し、東京で連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー元帥と会談した。
 
  その際、フーバーはマッカーサーに対し、日本との戦争は「対独戦に参戦する口実を欲しがっていた『狂気の男』の願望だった」と指摘。在米日本資産の凍結など41年7月の経済制裁は「対独戦に参戦するため、日本を破滅的な戦争に引きずり込もうとしたものだ」と語ったという。

 マッカーサーも、「ルーズベルトは41年夏に日本側が模索した近衛文麿首相との日米首脳会談を行い、戦争回避の努力をすべきだった」と批判していた。

 著書ではフーバーが「米国から日本への食糧供給がなければ、ナチスの強制収容所並みかそれ以下になるだろう」とマッカーサーに食糧支援の必要性を説いていたことも詳細につづられており、フーバーの対日関与の功績に光を当てるものにもなっている。

 ナッシュ氏は「この著書が、今でも米国の英雄とされているルーズベルト大統領への歴史評価を見直すきっかけになってほしい」と話している。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n1.htm


コメント
この記事へのコメント
へ~
どっちも知らんかった。
でもタイの記事・・・へたしたら右翼が喜んじゃうね (^^;)
2011/12/09 Fri 08:37:31
URL | ぜんこう #- Edit 
いろいろまだ知らないことが多すぎますね。。。でも戦いなくして血を流さずして問題解決は不可能なのだろうか。。きれいごとなのかなぁ。。太古の時代から進歩してない人間!いつも弱者と下々のものが犠牲になります。911も知っていて戦いを仕掛ける大義名分がほしかったから放置したと思います。犠牲者は下々のもの!何年たっても同じことの繰り返し。ほんとに日本はこれからどこへ流されていくのでしょう。
独裁者は不要だがどうしてリーダーシップのある方が日本にはいらっしゃらないのでしょうか????
2011/12/09 Fri 10:08:09
URL | しおる #- Edit 
>ぜんこうさん
こういう側面を日本人ってあまり知らないというか、何故か知らせられていないと思うんですよ。
疑問を持って見てみると、今まで思い込んでいたことが全く違うんじゃないか?と思うことが多い。
こういうのが「右翼的」というのもね(^^;。

>しおる
日本のためにリーダーシップを発揮しようとする人は何故かマスコミがこぞって潰すようだしね。
だから今回の大阪の選挙がマスコミの意のままにならなかったのは、とても興味深い出来事です。
日本は世界各国と話が出来る位置にいると思うのだけど、今の政府ではどこぞの言いなりみたいだからなぁ…。
2011/12/09 Fri 22:52:48
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/1878-1569ecb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック