space彩
08 « 2017 / 09 » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2012/03/07 Wed  23:59:13» E d i t
 » チベット 
一昨日の夜に見たチベットでの若い女性の焼身自殺のニュースから、あらためてチベット問題について調べてみたらもうあまりのことに茫然としてしまった。

中国は1950年から84年にかけて120万人のチベット人を死亡させいまだに占拠している。
1984年にチベット亡命政府が公表したウ・ツァン、カム、アムドの3州での死者数統計数値は以下の通り。
3州以外の地域は含まれず、この年以降も増え続けている。

拷問 173,221
処刑 156,758
戦闘 432,705
飢死 342,970
自殺  9,002
拷問死 92,731
--------------
  1,207,387

【超入門 チベット問題】

中国は台湾やチベットを「核心的利益」と言い放っている。
その同じ言葉を尖閣諸島にも用い、沖縄は中国領だとも言っている。
このことがどれほど怖いことであるか、チベットを見ればわかる。
東トルキスタンも同様。
武力を持たず平和に生きるなどということははっきりと侵略の意思を持った国に対しては通用しない。
インドが核を保有したことも頷ける。

日本は、日本人は無防備すぎると思う。
マスコミなのか教育なのか、どこかで刷り込まれた自虐史観を捨てて様々なことを1から調べてみるべきだろう。
コメント
この記事へのコメント
中国が優しい隣人でないことは確かですね。
友達が早稲田の探検部でチベットに行ったことがあって
大学時代にチベットの写真を見せてもらったことがあります。
写真の人々は素朴で笑顔だったけど、あの頃もラサ封鎖とかあったように記憶してます。
ダライ・ラマ亡命からもう半世紀?
状況はどんどん悪くなってますよね。

日本人は確かに無防備過ぎるというか
人が良すぎるというか
日本の中からも崩されないようにしないといけないのに
今の政権はかなり不安です。
2012/03/08 Thu 10:53:25
URL | rei #XVgCdbeE Edit 
まったくです
平和ボケしている日本人にとっては、中国も「儲け先」としか見ていないからね・・・。
沖縄の基地問題などとても難しい話になるけど、日本の防衛力なんて中国の軍事力から見れば、赤子同然。
チベットの悲劇は明日の日本の悲劇かもしれないという報道など見かけないのも怖いね。
2012/03/08 Thu 11:57:46
URL | スタルカ #mWQBed8c Edit 
ダライラマも一生懸命活動をし、海外にまで出かけて行きましたけど。まだまだ虐殺は止まらず。。自分の身までささげなければ世界は日本は(自分も含め)問題をよびさますことができないって、悲しすぎます。。日本は独立してません。。。海に囲まれているため、世界に対しての危機感が薄れています。気が付いたら、本州の他は、外国になっているかも。裸の王様。。自分にできることってなんだろう。今の政権を変えたい気持ちはありますが。。またいろいろ教えてくださいませ。。。
2012/03/08 Thu 18:03:01
URL | しおる #- Edit 
>reiさん
本当に色々と危機感を募らせています。
現政権が裏マニフェストとい言われるインデックス2009に書かれている政策を今のうちに通してしまえという感じなのとマスコミがそれを正しく報道しないのでとても危惧しているこの頃です。

>スタルカさん
日本だけでなく世界が中国を巨大なマーケットとして捉えていますよね。
在日というと韓国人だったのが中国人が爆発的に増えてきていて今やダントツ一位です。
民主党はどんどん中国人を受け入れると言っています。
鳩山氏が「日本は日本人だけのものではない」などとのたまった時に、「へ?この人は何を言ってんの?」と思ったものですが、沖縄基地のことといい本気でそうしたいんでしょうね。

>しおる
中国の弾圧に抗議して焼身自殺した若い僧侶たちの写真が載っているサイトがあって、本当にやりきれない思いになりました。
自分に出来ることは、ことあるごとに「このままでは日本は危ない」と言うことと、選挙の時に少しでも日本の国や国民のために働いてくれそうな政治家を選ぶこと…。
2012/03/08 Thu 23:42:15
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/1905-2635490d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック