space彩
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2012/03/10 Sat  23:59:41» E d i t
 » 東京大空襲 
67年前の3月10日は東京大空襲で10万を超える民間人が焼け亡くなった日。
非戦闘員である民間人を標的にすることは戦争犯罪だそうだ。
第2次世界大戦ではアメリカによる日本各地の空襲、2つの原爆により何十万という同胞が殺された。
アメリカはそれを正当化させるために日本を悪者に仕立てる必要があった。
その思惑通り日本人はそれほど酷いことをされても仕方がないと思わされてきた。

父方の実家は祖母の代から東京だったはずなのだけれど、祖母から東京大空襲について話を聞いた記憶がない。
日露戦争の時の歌とか関東大震災の時の自宅の様子などは何度も聞いたのだけれど…。
当時の住まいは現在の文京区本駒込なので、調べてみたら戦火を免れているようではある。
新たに発見された写真から早い時期から学校や病院、市街地など市民のいる場所が狙われていたことを裏付けているとあるが、東京大空襲 被災地図によると、空襲はかなり綿密な計画性を持って行われたようだ。
【閲覧注意】東京大空襲の写真 大量に発見される

多くの戦争孤児を生み、本当に悲惨に状況だったのだろうと思いつつ、それはもう遠い過去のこととしてこれまで捉えてきたが、中韓が今になってもなお声高に日本を非難しているように戦争は決して遠い過去ではなかった。
戦争の体験者が高齢化している。
当時のことをきちんと記録に残していって欲しい。


絵は昨夜テレビを見ている次男を密かに描いた。
すぐに動いてしまったのでほとんど記憶だけど(^^;。


コメント
この記事へのコメント
私の母は東京にいなかったが浜松の軍需工場のある地域に住んでいたため、機銃掃射にみまわれたり、工場を空爆した帰りのB29が残りの爆弾を捨てて行ったため母の家だけ焼けてしまったりと、かなりな体験を話してくれました。その中でも終戦間際に遠州灘を襲った地震体験は地獄だったと。日本軍は地震があった事実を消してしまったようで。。。。救助も何もなかったとのこと。栄養失調で生理も来なかったって。私がここに存在していること自体が奇跡かもしれない。それに戦後たった10年ちょっとで自分が生まれていたことにいまさらながら驚きます。祖母祖父の話はあまり聞けなかったが、忘れないようにしていかないと。。。
2012/03/11 Sun 10:41:54
URL | しおる #- Edit 
追伸:二男様もなかなか素敵な、おのこにおなりで。。お母さんの愛情があふれてる絵だわ!
2012/03/11 Sun 10:44:42
URL | しおる #- Edit 
10日、11日と忘れてはいけない日が続きますね。
こんな時に、何故だか久々の酷い腰痛であまりコメントできませヌ~(汗)

次男君の絵やっと見れて嬉しいです♪
良い眼差しの横顔!ズッと傍にいて欲しい感じですネ~
2012/03/11 Sun 16:42:08
URL | OYAMA #JalddpaA Edit 
>しおる
地震もあったんだ。
戦後の復興は凄まじい勢いだったんだね。
なんにしても今自分がここにあるのは凄いことなんだと思います。

次男に本気でモデルやってくれないか頼んでるんだけど非協力的(-_-;

>OYAMA
あらま、腰痛なの?
私は昨夜飲みすぎて1日頭痛が…(^^;。

次男が一緒に暮らしてくれているのは凄く嬉しいことなんだけど、このまま私が世話しちゃってると自立できない気がするわ。
2012/03/11 Sun 23:12:27
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
今のこのときに、「東京大空襲」を改めて気づかせてくださってありがとうございます。
色々書きたいことはあるのですが言葉なりません。
2012/03/11 Sun 23:21:03
URL | るー(chamamada) #mQop/nM. Edit 
るーさん、震災後これまで気にしていなかったことが、色々と気になるようになりました。
私も本当にたくさん書きたいことがあるんですが、うまくまとめられないんです。

2012/03/12 Mon 22:53:09
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/1908-0e030b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック