space彩
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2014/07/27 Sun  20:55:17» E d i t
 » たまにはクラシックを生で 
ミューザ川崎のクラシックコンサートへ行ってきた。

ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」
モーツァルト:フルート協奏曲第2番 ニ長調K.314
(フルート奏者のアンコール曲)
ラヴェル:ボレロ

東京シティ・ファルハーモニック管弦楽団
指揮:宮本文昭

展覧会の絵は中盤から終盤にかけたどんどん良くなって、お昼を食べた後でいつものごとくまたウトウトしちゃうかもと思いきや、全然そんなことなく聴き入った。
フルートの優しい音色もとも心地よかったし、最後のボレロはやっぱり面白い。
静かに始まりどんどん盛り上がっていくあのボレロの高揚感は好き。
同じリズム、同じメロディの繰り返しなのに、15分があっという間に感じる。
演奏する方は大変なんだろうけど(^^;。

3階の舞台サイドの2,000円の席だったけれど、特に音の偏りも気にならなかったし、むしろ指揮者や奏者がよく見えて面白かった。
生はやっぱり楽しい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2186-ff915e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック