space彩
04 « 2017 / 05 » 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2015/01/17 Sat  22:02:32» E d i t
先週今週と放送大学の面接授業を受講してきた。
先週は体調がよくなくてどうしようか迷った挙句、駄目なら途中で帰って来ようと腹括って行ってみたら、割と大丈夫だった。
話も面白かったので、両日とも時間が経つのが早かった。

そろそろ色々と整理しなければならない時期だろうし、万が一自分に何かあった時に息子たちが困らないようにしておかねばと思う。
現代は多様であり、また自分が决めなくてはならない時代になっていることも踏まえ、ノートに書いておきたいことを考え実際に演習した。
まずは基礎データ的なものから自分の好き嫌いについて様々な項目を書いていき、自分という人物を捉える。
それから自分なりのアプローチで自分史の作成を試みる。
自分を見つめなおすという作業は、この先をどう生きていくのかということに繋がっていくことがわかる。
実際にやってみることで、最終的にこんな形にできればいいなというのが見えてきた。

死を怖いと思うのは何故だろうかとよく考える。
自分という存在が「無」になるのだから何を恐れることがあろうかと思う反面、「無」になるからこそ怖いのではないかとも思う。
講師の「あなたのことを知っている人が生きているうちは、あなたは生きているのです」という言葉が印象深い。
自分の存在の証という意味がそこにある。
また、自分が生きた証は息子たちの誕生、何故今ここに在るのかの証でもある。
だからこそ、息子たちには私がどのように生きてきたのかを伝えることも必要なのではないかと思う。

参考:
@nifty エンディングノート 無料ダウンロード
おもとくらぶ 緊急対応ノート



コメント
この記事へのコメント
ノート
役立ちそうな情報をありがとう。
早速、ダウンロードしました。
友人はお葬式の際にかける曲ばかり熱心に考えているそうです(笑)
2015/01/19 Mon 17:40:58
URL | スタルカ #mWQBed8c Edit 
>スタルカさん
私もそれはあります(^^;>曲
お経はテープでもいいかなぁとか。
まぁ、年に関係なく、わかるようにしとくのは必要ですよね。
2015/01/19 Mon 22:56:04
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2272-12dc3414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック