space彩
03 « 2017 / 04 » 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2015/01/24 Sat  20:19:24» E d i t
今スカパーでやっている『破門(疫病神シリーズ)』の桑原は、まことに北村さんにピッタリのはまり役すなぁ。
頭も切れて滅茶苦茶強い、しかも素晴らしくイケメンである。
食べるシーンがやたら多いけど、実に旨そうに、しかも美しくエロティックに食べるんだよね、このお方。
二宮役の濱田岳も演技が上手くて、CMも入らないのでグイグイ惹き込まれていく。
是非BOX化をお願いしたい。


さて、過去作品の見ましたシリーズ(^^;。

火怨・北の英雄 アテルイ伝』2013年 テレビドラマ
奈良時代末期に東北地方に暮らしていた蝦夷(えみし)と、日本統一を目指す大和朝廷との戦い。
蝦夷の阿弖流為(あてるい)(大沢たかお)を主人公に、蝦夷側からの視点で描いている。
胆沢(現在の岩手県奥州市)の族長の息子・阿弖流為(あてるい)(大沢たかお)がリーダーとなり、一度はヤマト側についていた母礼(もれ)(北村一輝)と共にヤマト軍と戦う。
最終的には、蝦夷側の族はほとんどが離反し、アテルイとモレは坂上田村麻呂(高嶋政宏)の軍門に下る。
田村麻呂は2人のリーダー的資質を認め、今後の蝦夷平定に活かすべきと天皇に進言するが、取り付く島もなく却下され、2人は処刑されることになる。

「ただ蝦夷というだけで、何故にヤマトは憎むのだ?同じ人ぞ。同じ人間ぞ。」と、アテルイは田村麻呂に問う。
田村麻呂は「聞いておこう」と言うが、答えることができない。
彼にもどうすることもできない苦悩が見える。
桓武天皇(近藤正臣)の「海外からの侵略に備え日本を一つに統一しなければならない」というような台詞があったが、確かに当時はそういう危機感もあったろう。

ただ、アテルイとモレの最期は辛かった。


ロマンティックマニア』1997年 オリジナルビデオ
主人公の婦人警官役の人、どっかで見たことあるけど誰だっけー?と思ったら、Winkの鈴木早智子さんだった。
北村さんがまだ康の頃で、主人公が通う美容室の美容師役。
主人公との絡みではなかなかの思慮深さで魅力的な人物に見えるのだが、とにかくフェロモン撒き散らしているのか、やたらセックス目当ての客がやって来るらしい。
そんな性的関係を求める女性を嫌悪感から殺すのだが、そのサイコパスぶりはKILLERSに通じるものがある。
若い時ならではの、女装してバレエ踊るお姿も拝見できる。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2275-3d403b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック