space彩
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
  • 2015/05/31 猫侍 
2015/05/31 Sun  09:31:48» E d i t
 » 猫侍 
SEASON2も8話まで進んだ。
前の時は全話通じてちゃんとしたストーリーがあってそれが面白かったのだけれど、今回は1話完結のコントのような感じで最初はちょっと戸惑った。
1話は猫ショット大サービスで猫好き視聴者をゲットしようってのが見え見えな感じだった。
でもそれはそれで猫たちの自由さが偶然の見どころを作っていて結構楽しめて、猫好き次男にも見せてしまったくらい(^^;。
まぁストーリーは次からなのねと思っていたら、2話は猫好きと北村一輝好きしか見ないだろうってくらいの出来で、いや、どちらにも当てはまる私は見続けるけどさって開き直り感満載になった。
でも話が進むに連れて徐々に面白くなってきて、遂に8話目にして神回到来。

内容は正に荒唐無稽、お決まりのパターンの猫と侍の中身入れ替わり。
玉乃丞のそれらしい仕草もうまく撮ると感心するのだけれど、何にしても中身が玉乃丞の久太郎が凄い。
というか、猫になりきる北村一輝凄すぎ。
鍋に入ろうとしたり、街の隅を歩く様や、犬を威嚇して刀を抜こうとして抜けなかったり、お仕事斡旋のぴんはね屋の猫を抱えたと思ったら走ってゴミ箱に捨てる(その猫が嫌いだったらしい)とか声を出して笑ってしまった。
BGMも中々の雰囲気を醸し出していていい。
そして最後の中身が玉乃丞の久太郎が中身久太郎の玉乃丞を抱いて高台に登り、ダイヤモンド富士の美しい夕景色を眺めるシーンがまた秀逸。
少し潤んだ瞳でその景色を見ている久太郎の顔が本当にいいんだ。
久太郎の心の声、「これを見せたかったのか・・・」で終わるのもいい。
先週は、この月曜の猫侍8話を見た幸福感で乗り切れた気がする(笑)。

猫侍公式サイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2312-a352b197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック