space彩
07 « 2017 / 08 » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2015/06/27 Sat  20:16:04» E d i t
10月に北村一輝さん主演の舞台があってそのチケットのFC先行販売がきょうからだったのだが、詳細がわからずとりあえず朝は家で待機(^^;
9時頃に注文サイトがオープンになったので即注文を済ませて家を出たら、1時限目の残り30分のところで講義室に入れた。
途中からにしては結構盛りだくさんなメモ書き。

・清康
24歳の清康が尾張の守山に出兵し、その陣中に家臣に殺された天文4年(1535)の「守山崩れ」で、清康の戦後大名化が頓挫した。
清康は一族ではなく家臣を中心とした権力構造を進めた(戦国大名化)が、これに対し松平信定が一族中心に戻そうとしたとされる。

・広忠
今川義元と織田信秀の2つの勢力に挟まれ、どちらに付くかを迫られた時代。
広忠によって幼少の家康は今川に人質として送られるが、その護送役だった田原城主戸田宗光により織田の元に連れて行かれるという三河物語の内容は、最近の研究では真実ではないとのこと。
実は織田に負けて直接織田に人質として出し、一時は織田に降伏している状態だったという。
つまり三河物語は、負けたということを隠したいがための創作だったのだろう。
また、家康の幼名は竹千代吉田之内といい、駿府ではなく吉田に居たのではないかと考えるのが自然。
元服をしたことによって人質から今川の家臣になり、駿府に移動したのではないか?

・家康
戦国大名化の時代。
桶狭間の戦い(永禄3年5月)の後の話は、研究者の間では意見が対立しているとのこと。
1つは、義元の弔い合戦を持ち掛けるが今川氏真は動かなかったため、織田と同盟を組んだというもの。
もう1つは、桶狭間の戦いの直後から反今川だったという考え。
桶狭間の戦いの時は既に今川とは対立関係だったという考えもある。
書状には基本的に年が書かれていないため明確ではないのだが、永禄4年には対立関係だったことは明確だそう。

本願寺派(浄土真宗)の僧侶が中心となった三河一向一揆が永禄6年(1563)に起きるが、一揆側には家康の家臣も多くいた。
一揆は翌年平定されるが、家康の反対勢力を一掃する結果となり、家康の権力が安定することになった。

永禄9年、従五位下三河守を朝廷より叙爵される。
従五位下は律令制による位階、三河守は官職、受領名(家康の時代は名目的なもの)。

【律令制による位階】
正一位
従一位
正二位
従二位
正三位(三位だけさんみと読む)
従三位
<-----------------------------ここまでが公卿
正四位上
正四位下
従四位上
従四位下
正五位上
正五位下
従五位上
従五位下 これより上は紫宸殿※に上れる
<-----------------------------ここまでが運脚
正六位上
 ・
 ・
 ・
従部位下(と黒板に書かれていたと思うのだが?)

※紫宸殿とは朝賀や公事を行うところ

叙爵は武家は将軍、公家は氏長者を通すことになっている。
永禄9年の頃は足利義輝が殺されて将軍がいない時期だが、家康は関白・近衛前久(さきひさ)を通して叙爵されている。
これは家康の祖先に近衛の家来(家礼)だった者がいたことによる。
この叙爵の際に名字を徳川に変えた。
系図の中に出てくる得河(川)に由来。
「徳川勅許」という表現があるが恐らくそれは間違い。名字は天皇が許可するようなものではない。

家康の三河での支配体制は、酒井忠次(吉田城の責任者。東三河を任せる)と石川数正が軍事的な中心であるが、この2人は松平一族ではない。
家康は武田と協定を結んで今川を破り、武田は駿河を、家康は遠江を支配することになったが、家康が浜松に城を移した後は武田とは対立関係となる。

【戦国大名と守護大名の違いについて】
守護大名は将軍に任命されるが、戦国大名は上に権威は存在するものの命令は受けない独立した存在。
戦さ時の動員する兵の数は、守護大名は一族郎党で何人かはわからないが、戦国大名は定量化して集まる人数が把握できた。
例えば、北条氏は5貫文(土地):1人、20貫文で4人だが馬上だと3人相当とされた。
武田は10貫文:1人、明智光秀は2貫文:1人。
検地によって所領の貫文を決めていたが、大名によって広さが異なるので一概に比較はできない。


授業の後行った鍼灸院から歩いての帰り道。
息子たちが通っていた保育園がすんごい野っ原になっていたのにはびっくり。
随分放置されている感じ。
思い出の場所がなくなるってのは寂しいもんだなぁ…。

コメント
この記事へのコメント
フーーー
こんな風な思い出の場所、って、ホントにネ。。

でも、又イイ思い出増やさにゃ、って奮起もする。
2015/06/29 Mon 03:51:51
URL | OYAMA #JalddpaA Edit 
まぁ場所はなくなっても思い出がなくなるわけじゃないんだけどね。
2015/06/29 Mon 17:17:14
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2316-bed1036a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック