space彩
02 « 2017 / 03 » 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2015/08/17 Mon  00:59:23» E d i t
友人に何から何までお任せで鶴岡赤川の花火大会に行ってきました。
行きの電車が豪雨のために村上で止まってバス振替になり、予約していた地元の素材を活かしたイタリアンのランチに間に合わず(他の方たちはこれは大ショックだったみたい(^^;)回転寿司になるという予定外のことはあったんですけど、その後は全てがベストな感じで満足度の高い旅行になりました。

去年の土浦の花火がロケーションの素晴らしさでこれまで見た花火大会で私の中では1位だと思っていたら、この赤川の花火大会は更にその上を行くクオリティで交通費をかけても見る価値ありだと思いました。
当然泊りになるので、付加価値が付きますしね。
あんなに凄いのにそれほどキュウキュウに詰め込まれていなくて、ホテルまでも近いので終わってからが何せ楽なのも◎。
(スマホで撮った動画も写真もイマイチだったのでYoutubeからシェアさせて頂きました)


花火って毎年何かしら新しい種類のものが加わっていて、その世界もやはり技術の進歩と質の向上があるのを実感します。
音楽との融合や演出のセンスもどんどん磨かれているような気がするし。

2日目は朝からピーカンで、気持ちよく出羽三山巡りに出発。
出羽三山について公式HPより抜粋。

 そもそも、出羽三山は、祖霊の鎮まる“精霊のお山”、人々の生業を司る「山の神」「田の神」「海の神」の宿る“神々の峰”にして、五穀豊穣、大漁満足、人民息災、万民快楽(けらく)、等々を祈願する“聖地”であった。
 加えて「羽黒派古修験道」の“根本道場”として、「凝死体験(ぎしたけいん)・蘇り(よみがえり)」をはたす山でもある。
 すなわち、羽黒山では現世利益を、月山で死後の体験をして、湯殿山で新しい生命(いのち)をいただいて生まれ変わる、という類いまれな「三関三度(さんかんさんど)の霊山」として栄えてきたお山である。


そんなわけで、羽黒山→月山→湯殿山の順に巡ります。
でももしかしたら時間の都合で湯殿山まではたどり着けず死んだまま岐路に着くことになるかもねなどと冗談を言っていたのですけど、道は空いてるしなんだかスイスイと順調に三山を巡ることが出来ました。
最初に行った羽黒山では、朝の光が木々の間から差し込んでその奥に見える素木造りの五重塔がそそり立つ様がなんとも素敵でした。



三神合祭殿の茅葺屋根は厚さが2mを超えているらしくそれだけで圧倒されました。
その茅葺も毎年1/4だか1/5だかくらいずつ葺き替えているのだそうで、こういったものを維持していくことの大変さも目の当たりにするとよくわかりますね。
丁度徳川家康没後400年ということで東照社を開扉して家康の御神像を公開しているというので参拝。

次に月山の8合目まで車で行きました。
絶景です。
庄内平野を眺めると、米どころなんだなぁというのが実感できます。
山々が連なり平地には田んぼが広がりそして海に至る、日本の原風景なんじゃないでしょうかね。
そこから700mくらい湿原を上に登って、休憩所のあるところまで行きました。
湿原はここが死後の世界を意味しているのであれば、美しくて何もかもから解き放たれたようなそんな感じの世界観なかなと。

素晴らしい景色に大満足で次の湯殿山へ。
尾根伝いだとそんなに距離はないのに、ぐるーっと回って行かねばならずその距離60km超。
早めにお昼を食べておこうと目に入った牧場に寄って食べたジンギスカンも美味く、お腹も満足。

湯殿山へは往復ともバスを利用しました。
お祓いをしてもらってご神体にお参りして、これにてミッションコンプリート。
大変な思いをして行くからこそご利益があるといった満足感とは違っていいいとこどりな三山巡りでしたが、お天気に恵まれたこともあって、感動もしたし面白くもあり楽しくもありました。

山形ってご飯はもちろん、他にも美味しいものたくさん。
だだ茶豆も普通の枝豆よりもずっと味が濃くて美味しい。
一括りにだだ茶豆と言っても、栽培者が違った2つを食べ比べても同じ品種なのに全然味が違ったりして面白いというのか深いというのか。

そうそう、帰り高円寺駅について外に出たら土砂降りで雷ゴロゴロ。
濡れながら走って駅構内に入ってくる人も居たのでちょうど降り出した時だったらしく、まだタクシー乗り場にも人があまりいなかったので即行飛び乗りました。
帰りのルートは色々と迷ったものの結果的にタクシーで家の入口前まで付けてもらったので、ほぼ濡れることなく家に入れてヨカッタヨカッタ。
これが私鉄の最寄駅だったり、1つ手前のJRの駅で深夜バス待ちだったりしたも酷いことになっていたと思うので、ラッキーでした。
なんだろ、そんなに行いがいいとも思えないのにここ数年のお出かけはハプニングはあれども怖いくらいにラッキーなことが多いので、諸々なことに感謝せねばな感じです。











コメント
この記事へのコメント
イイ夏旅でしたネ~
山形、改めて、イイとこなんだな^^

いつか、ご一緒出来たら、と思います。


私の夏は、遠出は無かったけど、今までにない想い、を迎える事の出来た夏でした。






2015/08/17 Mon 14:24:47
URL | OYAMA #JalddpaA Edit 
山形、本当にいいところだなぁ。
あの田んぼの稲穂が黄金に輝く頃も見てみたい。
さぞ美しいでしょうね。

お互いにいい夏だったと(^^)
今度はいい秋を迎えましょ。
2015/08/17 Mon 23:15:59
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2328-3860b6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック