space彩
06 « 2017 / 07 » 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2015/10/21 Wed  20:16:56» E d i t
 » 『大逆走』と夢幻能 
能には夢幻能というのがあって、これは主人公(シテ)が神・霊・精など超自然的存在のもので、全体がワキの見た夢か幻であるという構成になっているところからいうのだそう。
多くは神・霊・精など超自然的存在が主人公なのですが、人間が主人公となる曲もあるらしい。
『大逆走』の根底にはこういったものがあるのかなぁという気がします。

つまり、五味@北村さんは主人公の人間、八田@大倉さんと真鍋@池田さんはそのツレ。
シテは道子@吉高さんや大友@大鷹さん、春奈@趣里さん、もしかしたらママ@峯村さんも?
それに五味の父親やその他ダンサーが色々な超自然的なものを表現している。
特に五味の父親の霊の動きは能っぽい。
でもそれだけではなくて、歌舞伎的な動きや鳴り物も随所にあったりシェークスピアの劇中劇など色々なものがごっちゃり詰め込まれています。

今日は前から2列目下手側でした。
上手側にライトがあたって女性陣で話が進んでいる最中、下手側の暗闇で仲良さげに小芝居をする北村さんと大倉さんが可愛い。
砂浜での捕り物シーンでは、八田ががっしり後ろから五味を抱きしめてたけど、あれは大倉さんのアドリブ?
北村さん少し焦って本気で振りほどいていたように見えました(笑)
『破門』映画化ショックの余波で出掛ける時もテンション低ってな感じのきょうでしたが、生北村さんのイイ男っぷりと可愛さに癒されました。
しかし、舞台が終わっちゃったら私相当腑抜けるんだろうな…。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2357-e555be99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック