space彩
02 « 2017 / 03 » 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2015/10/25 Sun  20:16:29» E d i t
 » 『大逆走』東京公演千秋楽 
遂に東京公演が終わってしまいました…。脱力中。

以前北村さんは映像の人だと思うので、芝居よりも映画やドラマの方が嬉しいといったことを書いたのですが、ちょっとこの舞台で気持ちが変わりました。

やはり生はイイ!

直接五感で感じることができる幸せってのはファンにとっては大きいものだというのをおおいに実感しましたです。
なんといっても主役ですしね。
見どころもたくさんあってファンなら満足度は高かったかと。

東京公演11回、これだけ見たら最初苦手意識があった芝居にもそれなりの愛着が湧きましたよ。
特に北村さんが演じた五味に対しては、親子3人でのシーンでのあんな慈愛に満ちた表情やら辛い涙やらを見せられたら愛おしくもなりますて。

カーテンコールは3回、スタオベしている人もたくさんいました。
東京千秋楽だから何か普段とは違うことがあるのかと期待していたのですが、特別何もなく終わりました。
あっけなかったなぁ…。
大阪の千秋楽は本当の終わりになるので、もうちょっと感動的だったりするのだろうか。

コメント
この記事へのコメント
今年演劇だけなら11公演観劇、後2公演確定中
コクーンで11公演って幾ら突っ込んだのよ(^^;
映像作品と生の舞台では演じられるストーリーと観客の精神的な位置関係がまるで違って、目に見える物ということであるなら映像作品の方がストーリーに対してはリアルなんだけど、観客の感覚はあくまでも外部から見ている傍観者の域。
生の舞台はステージ上に物理的リアルを構築するのは不可能なんだけど、観客はストーリーの中に身を置いている感覚。
今年自分が見に行った作品の中には見た人の感想として、観劇後早く劇場から出たかった、そうじゃないと殺されるんじゃないかという恐怖感がまとわりついてというのがあったんだけど、これは映像作品では出てこない感想なんじゃないかなと。
だもんで、舞台の場合、そこにいるのが役者Aさんではなく、役であるBさんとしてすんなり入り込んでくるような演出・演技であると、映像の比じゃないくらいにこじらせることになるんじゃないかと、周囲を見ていても思ったりします(笑)
2015/10/25 Sun 21:54:13
URL | あお #n7L0tivs Edit 
うー(-"-)
終わっちゃいましたね〜。
東京千秋楽だからMCでもあるかと期待しちゃいますよね…残念。
あ〜本気で大阪遠征を考えれば良かったかな(笑)

それでも今日は下手の良席だったのでずっとガン見して脳裏に焼き付けて…しばらく反芻できます(牛か!)。

さぁて次のお仕事は何でしょうね。
それまで手持ちの未見DVDで食いつながなければ。
2015/10/25 Sun 23:20:46
URL | kawasemi #- Edit 
1公演1万
>あおさん
プラス今度の日曜に大阪千秋楽日帰り(^^;

この舞台、出演者は達者な方が多くて、だからなのかそれぞれの見せ場はあれどストーリーはなんかとってつけたような感じ。
場面場面では見応えがあってピンポイントで「ココ!」というのはあったものの中には入り込めませんでした。
でも今これ以上こじらせたら生活に支障をきたすと思うんで、北村さんe-414カッコイイ、可愛いとかミーハー的に見ているくらいで十分w
もちろんあの実力者揃いの座長として北村さんが十分力を発揮してくれたので、その点でも満足はしているんですけどね。
だからといって、ご本人が手応え感じて芝居づいちゃうのもやっぱり嫌かも…。
2015/10/26 Mon 09:01:08
URL | ミケ #- Edit 
Re: うー(-"-)
>kawasemiさん
私は絶対に本当の最後になる大阪最終日は外せないって思ってましたよ~。

最終日に良い席でよかったですね。
私は倍率10倍の双眼鏡が大活躍しました。
あんなにくっきり顔が見えるなんてーー。
もちっと前の方でも使ってみればよかった(^^;
2015/10/26 Mon 09:01:57
URL | ミケ #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2361-f15b1b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック