space彩
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2015/11/15 Sun  18:07:26» E d i t

『ロンタイBABY』
1997年、オリジナルビデオ(花堂純次監督)
喧嘩が滅法強いチャコとマコが主役の女子高生版ツッパリ映画。
なんだか色々と酷い(^^;
同じ高校の先輩やら後輩やら他校のツッパリやらわらわらと不良女子高生が出てくるんですが、素人か?というような演技と鈍臭い乱闘シーンに、まず「え?」となりました。
ただ、ごくごく普通のビジュアルな子たちにリアル感はあります。ん?

チャコの兄ちゃん率いる暴走族の主要メンバー@北村さん登場のシーンは随分と思わせぶり。
正面の映像が中々来ません。
そんな風に勿体つけて登場させるイイ男ポジションですし、かなりカッコイイ不良として描かれています。
女にもモテモテ。
この方、チャコの元恋人だそうで、再会したチャコに
「つきあっている奴がいるなら別れちまえ。そして俺の女になれ」
とか色々キザな言葉をさらっと言うわけですよ。
そして、チャコ、あっさり落ちるw

まぁそんな内容でした(←他はどうでもいい感ありあり(^^;)


『無国籍の男 血の収穫』
1997年、映画(望月六郎監督)
イタリアン・マフィアを裏切って日本に戻った黒木(石橋凌)は組織に命を狙われています。
そこにFBI・警察も加わり攻防を繰り広げるというお話。

北村さんは、彼の旧友の息子で大学生兼父親の残したカフェのマスターをしている大介役。
喋り方や振る舞いがなんだか妙に可愛い。
鬼火の坂田ちゃんみたいに巻き添え食らうのか?と期待して見てしまいましたが、無事でした…。

望月監督の作品はどうしてもR指定度合が気になってしまいますが、この作品はその点安心して見ていられる。というか石橋さんの明るく軽い感じがいいのかな。
それに「女はいくらでも演じられる」と黒木と絡む美女に言わせるあたりに好感が持てます。

ロケに使われている場所のあちこちに見覚えがあって、その映し方も東京住みにはいい感じ。
'O sole mioを朗々と歌い上げる石橋さん、ミュージシャンだったんですね。
知らんかった(^^;
あと死に様はちょっと…な感じでしたけど、高杉亘さんがカッコ良くて存在感がありました。

コメント
この記事へのコメント
「ロンタイBABY」オープニングから即早送りしてしまいましたよ(笑)とりあえず予備知識なしに見たので、ちょい役かと思ったら結構出番があって思わずニッコリ。一人だけカッコ良い不良くんで美味しかったですね。

「無国籍の男」の大介くんって当時27歳くらいですよね。どうしてあんなに可愛らしいんでしょう。口とんがらせて喋る姿はとても30前の男には見えない。かわゆす♡

きっと北村作品は死亡率が高いだろうな〜って堕ちた当初は思ってましたが、意外にそうでもないですね。
未見のもので死亡率が上がるかもしれませんが(^^)
2015/11/16 Mon 22:53:40
URL | #- Edit 
↑また名前が抜けちゃいました。すみません!
2015/11/16 Mon 22:57:07
URL | kawasemi #- Edit 
kawasemiさん
自分ではここまで辿り着けていなかったかもしれないので、感謝してます。
発展途上な感じが愛おしい(^^)

寄生獣とあな誰で死亡率が少し上がりますねw
2015/11/18 Wed 06:47:48
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2370-88d39fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック