space彩
02 « 2017 / 03 » 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2015/11/24 Tue  23:23:04» E d i t

1998年、映画(伊藤秀裕監督)
光二(鬼塚勝也)、伸男(山口祥行)、健(北村康)のチンピラ3人組が組織からの脱退を決意することから、組織のボスに嵌められて組織と対峙することになります。

全編に漂う悲愴感、虚無感、音楽もうまくそれらを醸し出していて雰囲気のある映画でした。
若いチンピラ3人もそれぞれにいい。
主役の鬼塚さんはキャスハンチングであしたのジョーのようですけど、目は力石ですね。

3人は兄弟のようにも見えて、子供じみた言動やその風貌から健が末っ子っぽい。
本当に一番若いんだろうなと思って調べたら、なんと一番年上でした(^^;
え~、康さん若く見えるなぁ。

その健は、組織を抜けたらニューヨークに行ってDJになるなんて言います。
「ジョジョジョジョジョ、ジョリ~ 髭を剃ろう♪」
下手なラップを口ずさんだりします(^^;
車を運転する時もなんでだか口を尖がらせてて、いちいちかわえ~。
でも激すると暴走に歯止めがかからなくなり、そのせいで人を殺してしまって3人は窮地に陥ります。
コンビニで買い物をしている時に、健は癇癪を起こして信男に突っかかって暴れますが、怒っていた顔が次第に泣き顔に変わり、遂には「俺が悪いんか?俺が…」と信男にすがりついて号泣します。
2人に迷惑をかけている自分がどうしようもない、どうしたらいいのかわからない、そんな健が切ない。

健は信男が敵に殺されることを予感し、信男のところに戻って自分も撃たれてしまいます。
「いったあいぃぃぃぃ~」
と子供のような声で喚いて倒れ込み、死んでいる信男のところに向かって這いながら
「信男、すぐに病院に連れてってやるからよ」
なんて言うのです。
おばかさん…(T_T)

この後一人になった光二が敵に立ち向かっていくのですが…、割愛ヾ(^^;


コメント
この記事へのコメント
え〜、割愛なんだ!
やっぱり 狼の復讐ね。
これもセツナイ系ですか。ヨシヨシ(笑)


2015/11/24 Tue 23:31:04
URL | kawasemi #- Edit 
kawasemiさん的にも割愛でなんら問題ないでしょう?w
2015/11/24 Tue 23:36:54
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
もちろん構いませんが…(笑)

ミケさんのブログ拝見したら、なんだか急に観たくなっちゃった! 明日観られるかな〜?
2015/11/24 Tue 23:44:33
URL | kawasemi #- Edit 
そうやって見たいってのが伝搬してくのよね。
私も鬼火~って思ったら貸し出し中でした…。
2015/11/25 Wed 00:00:40
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
観ちゃいましたよ。

可愛くてセツナクてウルウルしてしまった。
ホントおばかさんなんだから…>_<

そう言いながら、先日観た「龍が如く」のエンケンさんとムロさんを思い出してしまい、ちょっと吹きそうになりました(笑)
あの覆面はダメでしょう。
2015/11/26 Thu 00:07:10
URL | kawasemi #- Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2377-7c5a951a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック