space彩
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2016/01/30 Sat  23:59:11» E d i t
『海賊版 BOOTLEG FILM』
1999年、映画(小林政広脚本・監督)
最近になって人から聞いたオチにぽかーん状態で、どうやら途中で気を失って最後まで見ていなかったことが判明し、再度借りて見なおしました。
とにかく物凄い勢いで見ていたので、結構そういう作品があるかもしれないっす(^^;テヘ

死んだ女の元夫で警察官の会田(椎名桔平)と元愛人でヤクザの小松(柄本明)は親友の間柄。
2人は彼女の葬儀に出席するために車を走らせている最中に、トランクの中の死体(小松の弟)を見られた若いカップル洋二(北村一輝)と順子(舞華)を殺害してトランクの死体とと共に雪の中に埋めます。
会田は最後の男になるべく死姦すると女の死体を盗み出し、それを責めた小松を殺し、全裸の女を担いで雪山を登って行って崖っぷちで死体と横たわり自殺を遂げるのですが、死んだはずの若いカップルは雪から這い出し、小松も生き返って冒頭小松が口ずさんでいた歌が流れて話はまた初めに戻ります。
なるほど、そういうオチでしたか(^^;

警察官とヤクザの軽妙でちょっと頓珍漢なやりとりが面白い。
雪景色の中で登場人物が着ている服もコントラストがはっきりしていて、モノクロな世界で効果的に視覚に訴えてきます。
2人がカップルを拉致して2台の車に分乗して走っていくところ、後ろの席から会田に脅されながらも口を尖らせながらボケをかますお馬鹿設定の洋二くんがいいです。



頭のてっぺんの髪の毛ツンツンしててちょっと眉を釣り上げアホっぽさを出してますが、一輝殿、たまに素のいい男ぶりが漏れちゃってますから。

『実録・名古屋やくざ戦争 統一への道』
2003年、映画(石原興監督)
昭和40年代の名古屋を舞台に、三代目山王会直参城田組と、山王会信攻を阻止しようとする連合組織・中京五社会との争いを描く。
ということで評判は結構良さ気なのですが、インフルエンザでお休み中のまだ本調子でない時に見たもので、ちょっと集中する気力がなかったようであまり内容は把握できてません…。
渡辺裕之さんがカッコイイとか遠藤憲一さんが若いとか断片的には覚えているのですが…(^^;

北村さんは学ラン姿でのご登場。
ダントツにカッコイイですが、とても短いシーンで残念でございました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2399-8f2a15dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック