space彩
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2016/02/18 Thu  23:03:53» E d i t

2000年連続ドラマ
澤松智永(田中美佐子)は臓器売買ブローカーの中国系タイ人グレイ・ウォン(北村一輝)に出会ったことから、中学校教師時代の教え子篤志(妻夫木聡)と泉水(新山千春)を仲間に率いれ次々に幼児を誘拐します。
唯一身代金を要求した事件に携わった有働公子(安田成美)の子も誘拐され(どちらの誘拐にも裏があります)、公子は我が子を奪還すべくやはり子供を誘拐された古賀(陣内孝則)の協力を得て立ち向かっていく。

悪役が光るドラマでした。
天地人の義と愛の上杉家の殿と兼続&母が悪役(笑)
田中美佐子さんのクールで悪い女やブッキーのアホの子、よかったです。
刑事の片野坂(佐藤浩市)も悪そうでいて実はいい奴なのかと思いきや、やはりウォン達と繋がっているというオチ。
その野太い存在感が効いていました。
誘拐した子供たちを船に監禁して口でいたぶるウォンはいやらしさ満点で、悪い顔の北村一輝もやっぱりええですね。
しかしウォンの女の子の声真似があまりにも似すぎていて、ちょっと画面から目を離した時だったので「え?」となりましたわ。
声の質が幼女と同じとは(笑)
でもその高めの声がタイ語には何故かとてもハマっています。

結局公子の息子は救け出されますが、古賀の息子は既に臓器を取り出されていたのでした。
こういう重いテーマを扱った以上それも仕方ないのかもしれませんが、子供たちの不幸な状況にやりきれない思いが募っていただけにとどめを刺された感じです…。

コメント
この記事へのコメント
トラウマ
ミケさん こんばんは〜。
ミステリーで犯人は誰?とかあまり考えずに見たり読んだりするので、えっ!そこも繋がっているの?! という展開はなかなか面白かった。
話が重すぎてつらいけど。
そしてもし私が子役で、北村さんの怖いお顔で恫喝されたりいたぶられたりしたら、ちょっとトラウマになってしまいそう(-_-;
2016/02/18 Thu 23:31:13
URL | kawasemi #- Edit 
>kawasemiさん
次々見たくなってあっという間に見終わりました~。
キャストもそれぞれ役に合っていて楽しめましたわ。
怖い顔の北村さん、確かに小さい子なら泣いちゃうナマハゲみたいなものかなw
2016/02/18 Thu 23:59:21
URL | #Pe0og0Jg Edit 
キャストが良かったですよね。みんな悪いヤツばかり(^^)

だんだん未見のものが少なくなってくるともったいなくて…ちょっとだけスピード落としてます(^^;
DVDのラベルに手を出し始めたり、例の死顔集を作ったりと、日々北村三昧に変わりはないのですが。

ナマハゲ怖いわw
2016/02/19 Fri 00:25:35
URL | kawasemi #- Edit 
あら、名前抜けてる(^^;

私はあまりに駆け足だったので、あらためてじっくりもう一度見たりしています。
エンドレスw

この話には、死に顔はなかったですね(^^;
2016/02/19 Fri 07:42:04
URL | ミケ #Pe0og0Jg Edit 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2407-d2d2b4df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック