space彩
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2016/03/19 Sat  22:18:43» E d i t

休暇を取っての4連休初日の昨日。
10時にすずめちゃんと上野で落ち合い、西洋美術館のカラヴァッジョ展へ。
日伊国交150周年ということで、カラヴァッジョの作品と関連作品では「世界的にみても最大規模の展覧会」だそうで、今回世界で初の公開となった作品もあるそう。
正直このあたりの絵画にはあまり食指が動かない私ですが、音声ナビゲーターが北村一輝さんとあってこれは行かねばと。

「こんには、北村一輝です」
うっは、なんか照れる~~(笑)
これまで展覧会で音声ガイドなるものを借りたことはなかったのですが、一々文字を読まなくてもいいのはとても便利だし背景なども文字で読むよりすんなりと頭に入ってきます。
きょうはさほどでなかったですが、混んでいる時は読むのも一苦労ですものね、。
贔屓目なしで北村さんのナビは落ち着いた声でとても聞きやすいと思いました(女性のナレーションも入っています)。
オススメ。

実際に絵を鑑賞してみたら、天才と謳われるカラヴァッジョの凄さが感じられましたね。
カラヴァッジョは38歳で亡くなっていて現存する作品数は60点ほど。
そのうち世界初の公開となる『法悦のマグダラのマリア』を含む11点に、カラヴァッジェスキと呼ばれるカラヴァッジョに大きな影響を受けた画家たちの作品との総数51点の展示でしたが、やはりカラヴァッジョの絵は群を抜いていると思いました。
写実的描写力、光と闇の使い方、好き嫌いではなくてやはり凄いものは凄い。
こういうチャンスには見ておくもんですね。

ちなみに、私未だ放送大学生だったりするのでこういう時は学生料金でチケットを購入できます。
ネットでは大学生1,200円となっていますが実際は放送大学は国立美術館キャンパスメンバーズなので1,000円でした。
んなわけで、音声ガイドの520円を足しても一般の1,600円よりもお安いんですの(^^)v

すずめちゃんお勧めの美味しいローストチキンのランチをがっつり食べた後、満腹を抱えて大崎のO美術館に移動して、『村田 旭作品展』(同時開催『アトリエ・ヴァーズノワール東京・大宮教室生徒作品展及び帰国作品展『』)を鑑賞。
村田さんの作品はいつも通りお洒落で安定の作品群でした。
広いスペース一杯に生徒さんたちの熱が感じられる作品が展示されていて、月並みだけど私も頑張ろうと思った次第です。

夜は久しぶりに友人と地元飲み。
5時間ほども喋りまくって12過ぎに帰宅。
よく歩きよく見て、よく飲み食いをしてよく喋った1日でした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2418-d2c0f5ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック