space彩
04 « 2017 / 05 » 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2016/08/11 Thu  23:26:13» E d i t
 » 銅板で焼いてみる 
結局のところうちのオーブンは下火が弱いと思うので、ネットで評判の良かった銅板+ステンレスの天板のセットを購入してみました。
夜届くのを待てなくて、キタノカオリという強力粉を使ってボウル被せる方法で一つ焼いてみちゃいました。
結果、びっくりするくらい膨らんだけどその割に大きな気泡はなくて、なんというか食パンのようなふわふわなのが出来ました(笑)
キタノカオリ自体も癖がないというのか素直な美味しさなんだけどフランスパンにはちょっとどうなんだろという感じ。

銅板セットが届いたので、昨夜から冷蔵庫の野菜室に入れてあった生地を早速それで焼いてみました。


その前に庫内の温度がどうなのかを知りたくて温度計も買ったのです。
それでわかったのは、余熱後ドアを開けたり霧を吹いたりして一度下がった温度はほとんど上がらないという衝撃の事実。

上火が強すぎたり熱風が当たったりもよろしくないというので、最初に上段に角皿入れて7分焼成。
角皿を取ってから23分焼いてみたけど、とにかく温度が180度位から上がらない。
これじゃ駄目でしょ…。
次回は銅板を余熱の段階から入れて、角皿は使わず霧吹きたくさんやってみます。


それでも、銅板のお陰でよく膨らみました。
これなら庫内斜めに使って長めのが焼けそうです。


気泡はあの温度じゃそうでしょうねぇという結果。
味はリスドオルの方がやっぱり「らしい」かなぁ。
同じ条件で焼いてないからなんとも言えないですけどね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2464-57287b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック