space彩
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2016/08/15 Mon  14:29:16» E d i t
どう工夫したって上がらないものは上がらないオーブンの庫内温度。
うちのはSHARPのRE-ST9Aでヘルシオではないけど、スチーム機能が付いている。
付いているけど、あくまでもレンジの自動メニューのみ。

ステレンス+銅板セットというのがいいというので買ってみたけれど、付属の鉄の角皿だとちゃんと最高温度250度の余熱で250度まで上がるのだけれど、ステンレスに変えるとせいぜい220度弱くらいまでしか上がらず。
スチーム機能がないから生地を入れる時に霧吹きしたりしてると、下手すると150度以下まで下がり、その後上がらない。
角皿の上に銅板でも、やはり下がったら上がらないのでうまく行くはずかない、というのがここのところの試行錯誤での私なりの結論に至る…。

てぇわけで、火力の限界はどうしようもないので買っちゃいました(^^;
買い替えじゃなくて買い増し。
今までのはレンジ機能メインで、シフォンケーキのように高さが必要なもの以外はオーブン機能はこちらで使うつもり。
デロンギ コンベクションオーブン スフォルナトゥット EO1490J-W
生産国は中国というのが気に入らないけど、この手の単純なやつだとこのメーカーが一番いいらしいので。
全て手動設定な故に融通が利くんですねー。


早速フランスパンを焼いてみました。
最高温度245度で余熱スタート。
みるみるうちに温度があがっていくので、これまでのようにのんびりはしていられない(^^;
ドアを開けても熱源はそのまま作動しているから温度の下がりもそれほど気にすることがなく、生地投入。
ただ、狭いので怖い。
そのあたふたぶりが垣間見られる、↑クッシングシートの位置(笑)
熱を切った状態で3分ほど待ち、下火のみ230度で9分焼成。
その後160度のコンベクションモードで3分。

向こう側と底が焦げました…。
クッキングシートに隠れて見えなかった温度計、パンを取り出す時に見たら230度もありました。
下がってない~(^^;
庫内が狭くて熱源から近いし、これは高すぎでしょ。

パンの方はこれまでで一番膨らんだけど、クープは手前だけメリメリで向こう側はのっぺり。
生地の位置が手前寄りになっていたせいか、霧吹きが横からしか出来ないから向こう側に水分行かなかったか?
入れる前に生地にもっと霧吹いておけばいいのかな?



初めてポーリッシュ法というので生地を作ってみたけれど、膨らんだ割に気泡はそうでもなくてがっかり。
発酵が足りないとか成形が悪いとか基本的なところが駄目なんだろうなぁ。
初心者の癖に突然難しいことやりすぎというのは重々承知しております…。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2467-005ccbbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック