space彩
02 « 2017 / 03 » 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2016/10/15 Sat  23:28:07» E d i t
『棒 Bastoni』は、2002年公開の望月六郎氏の助監督だった中村和彦氏の初監督作品で、脚本には望月氏も名を連ねています。
AV男優(松岡俊介)が主役のラブコメ?
売れっ子のAV女優と結婚、彼女が妊娠して現場を離れたら、そこに昔の恋人が現れて…てな感じで撮影現場だのそんなシーン満載で、うーん…と思いながらもなんとか完走。
AVを見慣れた諸氏には物足りない感じらしいし、かと言って私らが見るにはシンドイ。
AV男優は貧相な体で女優陣は痛々い感じがしてしまってなんだか中途半端な気がする。
まぁ北村さんが出ていなければ見ることもなかった作品に違いない。
その北村さんのAV会社プロデューサー役は、そんなに顔のアップもなくあまり印象にも残らない端役でした。

ちなみに売れっ子AV女優を演じた女優さんは、文学座研究所や歌舞伎の舞台演出の手伝いを経てこれが初ヒロインでヌードも初めてだったという紹介を見ました。
結局女優としては売れずに2004年に本当にAV女優に転身ということで、そちらの実話の方が映画よりもインパクトが大きかった次第(^^;


棒の主役・松岡俊介さんが監督をしたのが、やはり2002年公開の『MSTRBTN=ミスターバッテン』
29分という短い作品ですが、まぁ一度やってみたかったんでしょうね、という感想しか…。
特典映像なんかも画面をユラユラさせる編集を多用していて、一体何がしたかったのやら。
だってあんな風にやられたらとても画面を直視できませんって。

北村さんは春らんまんの丈二そのままのビジュアルで西川のりお氏とちょっとだけ絡んでいます。

(DVD付属のブックレットから)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2480-83e589fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック