space彩
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2016/10/16 Sun  18:42:08» E d i t
 » 『ナイン・ソウルズ』 

2003年、映画。豊田利晃脚本・監督。
9人の脱獄囚たちが繰り広げるロードムービー。
北村さんの出番はどうせちょっとなんだろうなとだらだら見るつもりが、オープニングの空撮に中野サンプラザが映っていたので早速プレイバック。
見慣れた街の空からの眺めをここで見るとは思わなんだ(笑)。

それはさておき、徐々にビルが消え荒涼とした中に東京タワーだけが残るオープニングは、弟を殺して立て籠もった未散(みちる・松田龍平)がこの風景に向かって『何でも開けられる未来のカギ』を回すのに繋がります。
そんな風に、9人の話がてんこ盛りな分、結構見る側には分かりやすく親切な作りになっているように感じました。
多くが救いのない話にも関わらず、所々にほっとするような人物や台詞が挟まっていることや、乗っ取った赤いバンがいつしか雲の描かれた空色の車体になり、バラバラになった9人がその中から出て来る一番最後のシーンで救われます。

北村さんはお洒落なイタリア製のスーツとスエードの靴で洒落込んだヤクザで出番は少ないですが、昨日記事にあげた作品とは違って端役でもしっかりと北村一輝だったという満足感はあります。
原田芳雄さんはじめ個性的な俳優陣は面白いし、伊東美咲さんも綺麗で可愛いしで見て損はないかと。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2481-a99b8bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック