space彩
05 « 2017 / 06 » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
2017/01/07 Sat  22:37:01» E d i t
 » 『聖の青春』 

WOWOWで関連の番組をやっていたのをながら見していて、映画に行ってみようかと思った。
でも主人公の村山聖という棋士のことを全く知らなかったし、まず原作を読んでみることにした。
それは大崎善生さんの村山聖の一生を描いた実話。
遅読(ちょびちょび読んで単に時間がかかるだけ)の私にしては珍しく一気読みしてしまうくらいぐいぐい引き込まれた。

幼いころから難病のせいで様々なことを諦めなければならなかった分、将棋は聖にとって希望であったろうし生そのものだったのだろう。
膀胱がんに罹った後も頭と将棋に悪影響を及ぼす可能性がある鎮痛剤のような薬は一切拒んだらしい。
兄や父母、師匠、周囲の人の聖への思いも凄く伝わってくる。

映画
聖を演じた松山ケンイチさんは役作りで太ったというのはあちこちで見ていたけれど、その印象よりも更にまん丸で、役作りとはいえ凄いなとまず感心してしまう。
東出昌大さんの羽生善治も相当本人に寄せていて、他の出演者もこういう人たちがあの辺りには居るんだろうななんて雰囲気を醸し出していた。
ただ、原作のある個所をイメージしただろう映像が唐突に現れたりするので、やっぱり本を読んでいるのといないのとではその画面の受け取り方も違うだろうから、どっちがよかったのだろうと思ってしまう。
映画を観て、原作を読んで、もう一度映画を観るのがいいのかな。
でもこれはむしろもう一度本を読みたい。

たまたま正月の一挙放送で内容も知らずに録画した「3月のライオン」というアニメが将棋の話で、村山聖がモデルらしい登場人物が居てびっくり。
将棋ブーム来る?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2506-bbe2aa17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック