space彩
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2017/06/04 Sun  17:15:26» E d i t
 » ジルの血液検査 
金曜の夜に受けたジルの血液検査でクレアチニンの値が跳ね上がっていて、これまでも高め推移だったこともありいよいよ腎臓がまずいことになっているのでは?という話になりました。
この値だと低たんぱくのご飯に活性炭サプリを与えた方がいいかもしれないという説明があり、でも尿のpHがここのところ高かったのでその前にまずは尿検査をしましょうと。

次の朝ジルがトイレに行ったのに気付くのが遅くて少ししか採尿出来なかったけれどとりあえず持って行ってみると、とにかくやれる範囲の検査をしてくれました。
その結果、潜血反応も菌の反応もあり。
菌の培養結果を待たないと結論は出ないのだけど、先行して抗生剤を飲ませることに。
疑惑のあった腎不全については、尿の比重が重いので違うでしょうとのことで、そこはほっ。

膀胱炎である場合は血糖値のコントロールもうまくいかないことがあるらしく、ここのところずっと血糖値が高かったのはそのせいかも?
糖化アルブミンが42.2と去年の夏以来の悪い値を叩きだしてしまったので、低血糖が怖いからと中々インスリンの量を増やすことを許可してくれなかった先生も遂に「少し増やしましょう」と言われて1.12単位から1.25単位になりました。
使っている血糖値の計測器用のテストストリップが品切れで入荷予定とされていた時期まで1日2回でギリギリだったので、途中計測が出来なかったのもタイミングが悪かった…。

そうそう、クレアチニンの正常範囲が1.6mg/dlというのは標準で、使っている試薬は2.1mg/dlなんですと。
先生としては1.6以下であればまず問題なしと判断できるので、それくらいを基準に見ているとのこと。
ということで、表の正常範囲の上限は2.1に戻しとこ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spaceaya.blog39.fc2.com/tb.php/2552-4e2e62bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック