space彩
02 « 2017 / 03 » 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2012/02/06 Mon  23:59:01» E d i t
 » こんなの作ってました 
仕事が減って時間がたっぷりあったのと、何か実になるものをということで、旅行の情報サイトを作ってみました。
海外ツアーの検索画面が2通りあったり、出発地を記号入力ではなく航空名のドロップダウンにしなくてはとか、宿検索ももうちょっと痒いところに手が届くものにしたい等々まだ色々あるのですが、一応動くようになったのと「雪まつり」なんて入れちゃってるところもあるので公開してしまいます。
何かの折に使ってみてください。
リンクも貼ってくださるととても嬉しいです。
よろしくお願いします。

旅の情報なら「旅ねっと」


 バナー

2011/04/06 Wed  23:21:58» E d i t


通常クリックすると開いてしまうPDFファイルをダウンロードさせる方法、ASP編。
ちょっと苦労したので覚書き。
あれこれいじって試したものの、結局どこかで拾ったスクリプトそのまんまかも。


<%@ LANGUAGE="VBScript" @%>
<%
Const adTypeBinary = 1
Dim Filename
Dim ContentType
Dim BinStream

Filename = "test.pdf"
ContentType = "application/pdf"

Set BinStream = Server.CreateObject("ADODB.Stream")
Call BinStream.Open

BinStream.Type = adTypeBinary
Call BinStream.LoadFromFile(Server.MapPath(Filename))

Response.buffer = TRUE
Response.ContentType = ContentType

Call Response.AddHeader("Content-Disposition", "attachment; filename=" & Filename)
Call Response.BinaryWrite(BinStream.Read)

Call BinStream.Close

Set BinStream = Nothing

Call Response.End
%>



上の囲み記事については<PRE>タグ使って、そのままテキストを貼り付けたのだけれど、IEなんかだと空行が詰まってしまうのね。
それ以前にタグに囲まれた中でも< と > は&lt; と &gt;で書かないとだめだってことをあらためて認識。
うちではFireFoxで更新しているので気がつかなかった(A^^;

2010/02/05 Fri  23:59:33» E d i t
昨日の無線LAN設定の追記。

SSIDステルス機能をオンにした場合は、コンピュータ側も設定が必要になる。
我が家の環境で書く。
Windows7ではワイヤレスネットテワークのプロパティで「ネットワークが名前(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続する」にチェック。
MACのOS X ver.10.6は、「ほかのネットワークに接続」から手動でSSID入力、暗号化とモードを選択しパスワードを入力し、ネットワークの詳細画面の「このコンピュータが接続したネットワークを記録」にチェック。

ここ数日色々ネットで調べたりあれこれいじってみたりしたわけだけど、MACアドレスは偽装できるらしいので暗号化を解読された時点でガードにならない(悪意の侵入者に対して)ことがわかった。
またSSIDステルス機能を使っても、パケットをキャプチャされてしまえばそれまで。
というわけで結局は暗号化方式を何にするかが大事である、と。
まぁ外に自分ちのアクセスポイントが見えちゃうのもなんか嫌ってのはあるので、何か問題がない限りは私はこのままにすると思うけれど。

いやー、無線LANのルーターを買って「繋がった~♪」とあまり考えていなかった私。
無知って怖いわ。
たまたま買ったルーターの初期値がWPA2だったのが幸い(A^^;。
もっとも新しいルーターならそうだろうなとは思う。
プロバイダーからレンタルされる機器は、他の機器が繋がらなくなる可能性があるからWEPなのかもしれないけれど。
2010/02/04 Thu  22:46:03» E d i t
 » 無線LAN設定 
今月からプロバイダを変更した。
携帯がauなので電話もKDDIのメタル電話にして、「ネット+電話」で今までよりも少しお安くなった(はず)。
それから家の電話からauの携帯への通話はすべて無料になる。
最近、au携帯持ちの人が減って来ているのでお得感も目減りしているとは思うけど(^^;。

そんなわけでモデム(Aterm DL180V-C)に無線LANカード(WL54AG)がレンタルされて色々設定に時間が取られた。
無線LANは今までデフォルトのWEP暗号化方式で使用していたけれど(たまたまWPA2でした)、今回色々ネットで調べていたら、「WEP」は短時間で解読するソフトが出回っていたりしてとても危険らしい。
それで「WPA-PSK(AES)」暗号化方式を選択。

接続するのはメインのWindowsノート、MAC BOOK、PS3、iPod touch。
このうちかなり躓いてしまったのがiPod touch側の設定。
WEPでの接続の時パスワードを入れるとネットに繋がったチェックマークがつくのだけれど、DHCPの情報がIPアドレスとサブネットマスクしか表示されず、しかもその内容が違っていた。
これ、原因は非常に単純な間違いだったのになまじパスワードでエラーにならないために気がつくのにとても時間がかかってしまった。
iPod touchの入力に慣れていないこともあり大文字小文字を間違えていたのだ(^^;。

暗号化方式を変更した時にパスワードではねられて気がついた。
それからiPod touchでWEP以外の暗号化方式を選ぶには、「ワイヤレスネットワークを選択...」の「その他」を選び、名前にSSID、セキュリティの「>」で選択画面を出す。
私の場合は「WPA2」を選んでパスワードを入力してめでたく繋がるようになった。

更にネットワークの存在を周囲に容易に検知されないようにSSID(ESS-ID)ステルス機能オン、接続する個々の機器のMACアドレスを無線LANアクセスポイント(親機)に登録してこの登録した機器のみのアクセスを許可するMACアドレスフィルタリング機能をオン。

カード利用でネットショッピングなんぞも結構しているから本当に気をつけねば。
それにしても接続先一覧に常にアクセスフリーなアクセスポイント「BBUser」があってびっくりする。
Yahoo!BBの無線の標準設定のアクセスポイント名らしいけど、「自動的に接続する」のチェックを外しておかないと勝手に繋がってしまう時があるので危ない。
2010/01/15 Fri  22:20:14» E d i t
家でネットをする時、ブラウザはもっぱらFireFoxを使っている。
右上にある検索バーのデフォルトがいつのまにかGoogleからYahooに変わってしまっていた。
ちょっとしたことだがこれがいちいちいらつく。
勝手に変えるなよ~(-_-;。
しかもFireFoxの起動時に何やらアラートが出るようになった。

てわけで小ネタでなんだけど、「FireFoxの検索バーのデフォルトを変更する方法」を調べてやってみたので、メモ代わりにアップ。

  1. URL欄に about:config と入力する。

  2. フィルタ欄が表示されるので、そこに keyword.url と入力。

  3. keyword.urlをダブルクリックまたはマウス右クリック→「値を変更」から、私の場合はGoogleにしたいので
    http://www.google.co.jp/search?q=
    と入力して「OK」。

これでいけるのかと思いきや、まだ起動時にアラートが出るし、keyword.urlがYahooに戻るというわけわからんな状態に…。


再度入力して、アラートで開いた設定画面で下の欄を選択してみたら出なくなった(IEもついでに)。
うーん・・・、いいのか?(A^^;
ま、検索バーのデフォルトはGoogleに戻りアラートも出ないのでしばらくこれで様子見。