space彩
09 « 2017 / 10 » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
2016/02/29 Mon  21:22:00» E d i t
 » 『REAL』 

2000年 L'Arc~en~Ciel アルバム

ラルクは今年結成25周年だっていうのに、未だ活動の情報なし…。
まさか何もないってことはないでしょうが、そろそろ何か発表があってもいいのではという期待も込めてちょっと何か書いておこうかなと。

2013年の年末から突如私に訪れたラルクブームは、アルバムやライブ映像の感想も書く間もなく翌年GWからの北村一輝ブームに飲み込まれてしまったのでした(^^;
でも相変わらず散歩のお供はラルク関連が圧倒的に多い私です。

『REAL』は次男が子どもの頃からラルクが好きで買っていたのに、ちゃんと聴いたこともなく…。
嵌ってからその良さにあらためて気が付き、今やラルクのアルバムの中で一番のお気に入りなのであります。

冒頭の3曲の並びが秀逸で、もうほんとに大好き。
1曲目の「get out from the shell」も次の「THE NEPENTHES」もダークなハードロックで、全体からするとこういう曲は少ないのかもしれないけど、とてもラルクっぽさを感じてしまう。
1曲目の女性の声での終わりから間髪入れずにヘヴィなギターで始まる2曲目への繋がりが素晴らしくカッコイイ!
それに、hydeさんの低音のイイ男っぷりから突き抜けるような性別を超越した高音へ至っていく音域の広さには恐れいります。

そこから打って変わって柔らかな歌い方の「NEO UNIVERSE」ですよ。
さすがにこの曲は私も随分聞いていますけど、この流れで聞くとそれまでの重厚感から一気に開放されたような心地良さがあり、その透明感といい最高ですね。

特に冒頭3曲について書きましたが、『REAL』はとてもバランスの取れたアルバムだと思います。
メンバー全員が作曲をしているというのもいいんでしょうし、hydeさんの独特の世界観と歌唱の力あってこそなんですけど、映画『リング0 バースデイ』に提供した「finale」をtetsu(現在はtetsuya)さんが作曲しているあたりにラルクの懐の深さを感じることができるのではないかと。

てなわけで、そろそろ『REAL』を超える新しいアルバムを作ってくださいよ(祈)


2015/10/31 Sat  21:36:39» E d i t
 » 映画『WE ARE Perfume』を観賞 

きょうから公開。
出掛けるならついでだと朝チケットを予約。
私、結構Perfume好きなんですよね。
それで、ワールドツアーがどんなだったのかなと。
ライブのシーンの他に、移動中やリハ、ライブが終わった後など3人各々のインタビューを挟んで進むのですが、ほのぼのしたり笑ったり、さすがにプロだと感心させられたり、貰い泣きしたり、私は結構楽しみました。

Perfumeは、ライブに行ったら間違いなく好感度が上がりますね。
パフォーマンスも素晴らしいですし。
私はワンマンとさよなら国立で見ていますが、特に国立の時の盛り上げの上手さと気遣いには脱帽でした。


2015/10/04 Sun  21:47:05» E d i t
11カ月ぶりのクラシックコンサート。
相模湖交流センターというところに行ってきました。
石田泰尚さんというバイオリン奏者の方は、見かけは強面な感じですがその音は素晴らしくてギャップ萌えであると聞き及びましたが、確かに(^^;
大変心地良い音色でございました。
きょうは現代音楽が主で、チェロの2曲目なんぞは奏者が歌うんですよね。
んー、でも声は声専門の方がいれば別でしょうけれど要らない感じかなぁ。
やっぱりモーツァルトあたりが落ち着きますわ。
そうそう、アンコールの1曲目はシベリウスが11才の時の作品だそうで、とても短い曲でしたが子どもならではの素直な感性を感じる可愛い曲でした。

プログラム
バイオリン
・アグリ:アディオス・ノニーノ変奏曲
・ピアソラ:6つのタンゴ・エチュードより 第5番、第4番、第3番

チェロ
・カサド:無伴奏チェロ組曲
・ソッリマ:ラメンタチオ

デュオ
・モーツァルト:ヴァイオリンとチェロのための二重奏第1番ト長調 K.423
・コダーイ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲

アンコール
・シベリウス:水滴
・ヘンデル:(ハルヴォルセン編)パッサカリア


コンサートが始まるまで時間があったので、近くの相模ダムを見てきました。
天気が良くて日差しは強かったですが、爽やかで気持ちよかった~。
堰き止めらた反対側の水が何故かこちらに流れてきているようなのが不思議。
干上がらないように調整しているんですかね。




2015/09/22 Tue  22:53:08» E d i t
 » L'Arc~en~Ciel LIVE 2015 L'ArCASINO 

さすがに大阪の夢洲まで行く勇気(色んな意味で)がなく、ライブビューイングでした。
hydeさん、去年よりかなり絞れていて、若返ったように思います。
綺麗でした。それに色々と可愛いかった。

演奏も歌も素晴らしいパフォーマンスで、セトリもロックっぽいのが多くて好みでした。
「ROUTE 666」は疾走感があってカッコ良かったなぁ。
昨日のラストは「あなた」だったらしいので、きょうもそんなとこかなと思っていたら、なんと「Pieces」が!
まさに「きたーーーっ」て感じで。
そして、泣きました…。
全編子を思う母親の気持ちのような歌なんですが、出だしで涙腺決壊。

泣かないで 泣かないで 大切な瞳よ
悲しさにつまずいても 真実を見ていてね
そのままのあなたでいて

大好きな その笑顔 くもらせてごめんね
祈っても 時の流れ早すぎて 遠くまで
流されたから 戻れなくて


映画館を出て次男と開口一番、「Piecesをやるとはね~」「泣けたよね~」と言い合うくらいPiecesを聴きたかった母子なのでした(^^;

先日の舞台挨拶で生北村一輝を見たその次男ですが、「やっぱりhydeと北村一輝はなんとなく似てる」とも言っていました。
目と、目と眉の間の狭さ加減が似てるんですよね。
ここのところの私の嵌り対象のビジュアルの共通項ってことですかねw

<<本日のセットリスト>>
1.SEVENTH HEAVEN
2.Driver's High
3.Pretty girl
4.Blurry Eyes
5.flower
6.and She Said
7.ROUTE 666
8.HEAVEN'S DRIVE
9.Wind of Gold
10.It's the end
11.MY HEART DRAWS A DREAM
12.trick
13.REVELATION
14.CHASE
15.X X X
16.TRUST
17.Wings Flap(新曲)
18.Lies and Truth
19.Link
20.HONEY
21.STAY AWAY
22.READY STEADY GO
23.Pieces

2015/02/26 Thu  22:53:09» E d i t

サントラ買うなんていつ以来だ?(^^;
しかもドラマのサントラなんて初めてだわ。

今やっている『破門』のオープニングの曲が、とにかくかっこ良くて毎度ゾクゾクしてしまう。
ドラマは、北村一輝と濱田岳のW主演なのだけれど、2人とも本当に上手いし、役にハマっている。
このコンピでシリーズ化してくれないかなぁ。
それくらいよく出来たドラマだと思う。
BGMもいい。
それで、購入に至ったわけだけど。
にしても、曲に「二宮」はあって「桑原」がないけど、もしかして「疫病神」が桑原なんだろか?